トイレをリフォームする際の確認点

トイレをリフォームする際、どのような事に注意したら良いでしょうか?

安全性

トイレ家族が毎日使う場所なので、安全第一にしましょう。

トイレの扉は狭い廊下からの出入りに作られていて、幅が狭くなっている物が多いようです。
なのでリフォームをする際、開口部を広くしましょう。そして扉の前に、余裕を持ってスペースを確保すると良いです。

また、将来を考えると引き戸が良いです。「車椅子での出入り」や「人に支えられて移動する時」に、使いやすいからです。
その場合、段差がないようにリフォームすることが大事と言えます。

さらに、「手すり」や「肘掛け」などの工夫も大切です。

快適性

トイレを快適な空間にする事にも、気を配りたいです。

例えば、狭い空間に大きな便器を取り付けると、男性にとっては使いにくくなると思います。そのような点にも気をつけたいです。

人が入る度に感知して、自動的に回る換気扇(人感センサー付きトイレ用換気扇)を設置してみましょう。

冬の寒い時期のために暖房設備を使えるように、電気コンセントがあると便利です。

あと、便器に座ってから、トイレットペーパーがない事に気づいた事はありませんか?
そんな時のために、座ってからでも手が届く場所に収納を考えましょう。
なお、トイレ内は狭いので、トイレ用のシステム収納を用意したり、壁の厚みを利用した収納スペースを設けましょう。
普段あまり使わないような物については、吊り戸棚に入れたりして、効率的に収納するようにしましょう。

トイレ内でゆっくりと過ごせるように、壁に「ちょっとした本棚」を作ってみるのもいいです。読書したりして、一人の空間を楽しめるからです。

その他には、例えば高齢化に伴い、夜中に何度もトイレに行くことが多くなってきます。なので、寝室の隣にトイレがあると便利です。

また、トイレは家人だけでなく、お客様も使う場合があります。
お客様に洗面所を覗かれたくないならば、トイレに手洗いの場所や鏡を取り付けておくと良いでしょう。

清潔性

トイレを清潔に保つ事を考えて、リフォームしましょう。

「汚れ」が溜まらないようにしたフチなし形状の便器、表面に塗膜が掛けてあるため「汚れ」が付きにくい便器など、掃除がしやすい便器を設置しましょう。様々なメーカーの便器から、検討してみましょう。

トイレの部屋は狭いですが、なるべく「掃除しやすい広さ」を確保するようにしましょう。
トイレの床や便器などの拭き掃除を行ないやすいように、スペースがある事も大切です。そして掃除用具の収納スペースも、確保しておきましょう。

住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム