トラブルの原因、トイプードルの毛色が変わる事

退色してしまう「トイプードルの毛色」

毛色を主な理由で購入したいと考えている人は、「3代の掛け合わせ」を確認しましょう。そしてショップの人やブリーダーの人に、疑問に思うことを聞くようにしてください。

例えば、同じレッドでも千差万別です。なので、何となく通販でトイプードルを購入したりすると、トラブルの原因になります。

トイプードルここでは参考にトイプードルの毛色について、お話したいと思います。

トイプードルの毛色は、どの色も必ず退色します
最初に飼った時の子供の頃の色が、一生続くと思うかもしれません。ですが2年から3年後は、必ず色が変化します。
早い子は3ヶ月ぐらいで、毛色が薄くなります。

退色のスピードには、「両親の毛色」や「歴代の掛け合わせ」などが大きく影響しています。何年後に退色するといった「はっきりしたこと」は、断言できません。

しかし例えば歴代レッドの血筋のトイプードルは、生後半年でさらに色が濃くなります。2年経っても退色がないと言われており、7歳になったトイプードルが「綺麗なレッドのまま」である場合があります。

トイプードルの毛色については、事前に調べてから購入したほうが良いです。
実際に子犬を目で見て、出来れば母親も見せてもらってから購入すると良いです。

成犬になったら、毛色が変化

生まれた時のカラーは真っ黒なのに、成犬になったらシルバーに変わったりすると、聞いたことがありました(色あせていくと聞きました)。

子犬の時から成犬の時のカラーを知っていれば、「がっかりすること」もないでしょう。ですが知らなかった場合、「こんなはずでは?」と戸惑う方も多いそうです。
きちんとしたブリーダーさんなら、子犬が成犬になった際の毛色を教えてくれるそうです。子犬を購入する時は、事前にブリーダーさんに確認しましょう。

ブラウン・アプリコット・レッド・シルバー・ホワイト・ブラックなど、トイプードルのカラーはたくさんあります。飼い主さんが希望するカラーのトイプードルを、選んで購入できるはずです。なのでブリーダーさんと相談・確認してから、子犬を購入しましょう。

趣味
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム