「きかんしゃトーマス」の鉄道模型

「きかんしゃトーマス」というキャラクターを「ご存知の方」は多い、と思います。子どもたちに大人気のテレビ番組であり、関連グッズ(「本」や「おもちゃ」など)が多数あります。

それら関連グッズの一つに、トーマスの鉄道模型があります。大人も楽しめる本格的な物なので、ぜひ一度ご覧になってください。
商品化については、タカラトミーの子会社「トミーテック」とイギリスの鉄道模型メーカー「Hornby」が商品化しています。「トミーテック」では「Nゲージ」の物が、「Hornby」では「OOゲージ」の物があります。

「トミーテック」について紹介すると、「トミーテック」が展開する鉄道模型ブランド「TOMIX」の商品となっています。サイズは、とても小さいです。なので狭い場所でも、風景付きのレイアウトができます。
「Hornby」については、本来のモデル機関車製品にキャラクターの顔を付けた物となっており、見た目にリアル感があります。ただし「OOゲージ」は構造上、本来より軌間が狭いです。なので、内側シリンダーの再現性に難ありという指摘もあるようです。

「きかんしゃトーマス」には、その他にも「HOゲージ」「Oゲージ」「Gゲージ」の鉄道模型があるそうです。
例えば「HOゲージ」の物は、アメリカの「Bachmann」から商品化されています。そのディテールは簡易的なものとなっているため、模型というよりは玩具という印象を受けるでしょう。なお、貨車と客車の一部については、「OOゲージ」のブランドである「Bachmann Branch-Line」から流用しているそうです。
「Oゲージ」の物は、アメリカの「Lionel」が商品化しています。そのイメージは玩具っぽいので、「大きなプラレールみたいだ」という意見もあるようです。アメリカでは、高級玩具として扱われています。

機関車

機関車のイメージ画像