活躍の場がたくさんある、翻訳の仕事

翻訳

翻訳ある言語を他の言語に書き直す事を、一般的に翻訳と言っています。翻訳に関しては、元の文の事を原文と呼び、訳された文を訳文(または翻訳文)と呼びます。
一般的に翻訳するとは、ある言語から他の言語へ「そのまま訳すこと」です。しかしそのまま訳したら、意味が通じない場合があります。そんな時は意訳と呼ばれる、文脈の前後から見て全体の意味を通じるものにする作業を行ないます。

意訳するには、センスが求められるでしょう。一つ一つの単語を直訳するのではなくて、文章全体を見ながら、意味が通るように訳するからです。
文学作品の中には、翻訳者のセンスによって意訳された作品があります。そのような作品の事を翻訳文学と呼んだりします。意訳の仕方は、「作品の良し悪し」を決める重要な要因となります。文学作品の意訳は、かなり難しそうで大変そうです。だけど翻訳者にとって、「やりがい」を感じられる作業だと思います。

翻訳家

英語を始め外国語が得意な人は、語学力を活かした「翻訳家」や「通訳」の仕事が「おすすめ」です。将来翻訳家になろうと思っている人もいる、と思います。

翻訳家の仕事は、映画のセリフや歌の歌詞、論文やビジネス文書・説明書などを訳すことです。その活躍の場は、様々あります。その仕事の内容によって難易度にも「違い」があるようです。
翻訳業は仕事なので、言ってみれば商業用に翻訳する仕事と言えます。私が聞いた事のある翻訳の仕事は、ある企業の製品に関する取扱説明書の英語版を作成する仕事でした。地元の求人情報誌にも、その翻訳の仕事が掲載されていました。ちなみに給与の額も、なかなか良さそうだったのを覚えています。

仕事の依頼については、翻訳会社に登録して審査に合格すれば、仕事の依頼が来ます。
翻訳の仕事の求人については、求人情報誌ではあんまり見かけません。一般的な求人情報ではなくて、翻訳業に特化した求人情報を確認するほうが、希望の仕事が見つかるかもしれません。
もしも身近に翻訳家の方がいるなら、仕事の求人について尋ねてみましょう。

日頃から英語を使っている仕事の経験者や海外勤務の経験者であれば、翻訳家の仕事を行なえると思います。
現在では、社会経験の豊かな翻訳家が求められているようです。知識が豊富で好奇心旺盛な人なら、きっと活躍できると思います。そして高齢者になっても、活躍する機会がある仕事と言えます。