睡眠時無呼吸症候群の治療法

「いびき」をかく人は注意、睡眠時無呼吸症候群

「いびき」は、口内の軟部組織が振動することで起こる音です。睡眠中は、舌の筋肉や喉の奥の筋肉が緩むことで気道が狭くなります。

「いびき」をする人は、年齢が上がるほど多くなります。一晩の間に一回以上の「いびき」をかく人は、60代では男性が60%、女性が45%と言われたりしています。
また、お酒を飲み過ぎた時や体がとても疲れている時、扁桃腺炎や鼻炎などの病気の時、「いびき」をかきやすいということです。

「いびき」をかく人の中には、

睡眠時無呼吸症候群という睡眠障害にかかっている人もいます。

この病気は、寝ている間に10秒以上の無呼吸の状態が続きます。それが一晩において、30回以上も起きる病気です。

この病気の人は、大きな「いびき」をした後に、急に「いびき」が止まって無呼吸の状態になります。
そしてその後、「ヒュー」という空気が抜けたような音がしたり、「グググッ」というような大きな「いびき」をしたりします。
睡眠時無呼吸症候群の可能性がある場合は、病院に行って診察してもらいましょう。

一般的な「いびき対策」としては、いくつかの方法があります。
寝る時、仰向けで寝ると気道が狭くなるので、横向きに寝るようにしましょう。
また、気道を確保しやすくするために、枕を高めの物にすることも効果的です。
もしも肥満気味なら、ダイエットをしましょう。
お酒をたくさん飲む人は、控えめにするようにしましょう。

実際のところ、睡眠時無呼吸症候群の人の中には、高血圧や糖尿病にもなっているという人が多い、と言われています。これらの病気にかかる人には、何らかの共通点があるのかもしれません。

詳しい事は専門医による医学的な診断によりますが、睡眠時無呼吸症候群は「肥満体型の人で、いびきをかく人」が、かかりやすい病気と言えるかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群の治療法

鼻マスク

睡眠時無呼吸症候群の治療法において、鼻マスクを用いる治療があります。この治療法は、睡眠時無呼吸症候群の治療に大きな効果を期待できる、と言われています。症状をかなり改善できて、患者さんも熟睡できるようになると言われています。

この鼻マスクを用いた治療では、コンプレッサーを使用して鼻から空気を気道に送り込みます。まるで人工呼吸器みたいに、起動内に空気を送り込みます。

大きな効果を期待できる治療法ですが、欠点もあります。鼻マスクを付けることによる不快感があったり、マスクを手入れする必要があったり、電源が必要であったりという面倒な点があります。
今後患者にとって不便な点・面倒な点に関して、少しずつ改善されていくと思います。ですが、なかなか手軽に使えるマスクとは言えないようです。

どうしても治療において鼻マスクを使えないという人は、医師と相談の上、マウスピースを使ったり手術したりという別の治療法を検討すると良いでしょう。

マウスピース

マウスピース

マウスピース・イメージ画像

マウスピースは、「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」の治療に有効な歯科装具です。マウスピースをつけると下顎が持ち上がって、気道が開きます。よって「気道における空気の通り」が良くなり、「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」の症状が改善されます。

このマウスピースを用いた治療には、いくつかのメリットがあります。
治療の改善効果が90%以上と言われている点や、他の治療法、例えば鼻マスクを用いる治療法や手術などに比べて体への負担が軽い点などが、メリットとされています。
使い方も、口にマウスピースを入れるだけです。なので、実施しやすい治療法と言えます。

ただし欠点も確認されています。歯の本数が20本以下の人には使えない場合があったり、歯がグラグラしている人にも使えなかったりします。

睡眠時無呼吸症候群の治療をマウスピースによって行ないたい場合、メリットとデメリットを理解して、専門医と相談の上、治療するようにしましょう。