つくね鍋

ここでは、「ご飯だんご」と「つくね」の鍋についてのレシピを、ご紹介したいと思います。

材料

  • 温かい「ご飯」 …… どんぶり2杯分。
  • 鶏ひき肉 …… 400g。
  • 卵 …… 1個。
  • ごぼう …… 1本。
  • ねぎ …… 2本から3本。
  • せり …… 2束から3束。
  • しめじ …… 2パック。
  • 砂糖、片栗粉 …… 各大さじ1/2。
  • 小麦粉 …… 大さじ4。
  • 黒いりごま …… 大さじ1。
  • 「しょうが」の絞り汁 …… 1かけ分。
  • 酒、味噌 …… 各大さじ1半。
  • 酢 …… 適宜。

煮汁の材料

  • だし汁 …… 6カップ。
  • 酒 …… 大さじ4。
  • しょうゆ …… 大さじ3。
  • みりん …… 大さじ2。
  • 塩 …… 小さじ1/2。

作り方

  1. 鶏ひき肉と卵、「しょうが」の絞り汁、酒、味噌、砂糖、片栗粉を、ボウルに入れます。粘りが出てくるまで、手でよく練って混ぜ合わせます。「つくね」のタネを作ります。
  2. 温かい「ご飯」を、ボウルに入れます。すりこ木などで、粗くつぶします。小麦粉を加えて、すりつぶしながら混ぜます。「ごま」を加えて混ぜます。
    手に水をつけて、一口大の「だんご状」に丸めます。
  3. 「ごぼう」の皮を、包丁でこそげ取ります。5cmくらいの長さの「ささがき」にします。酢水に、5分ほどさらします。その後、水気を切ります。
  4. 「しめじ」の「石づき」を取り、小房に分けます。「ねぎ」を、幅1cmの斜め切りにします。「せり」を、5cmの長さに切ります。
  5. 土鍋に「煮汁の材料」を合わせて、中火にかけます。
  6. 煮立ったら、水で濡らしたスプーンを2本使用して、「つくね」を一口大にすくって土鍋に入れます。
    さらに、ご飯だんごも加えて、2分から3分ほど煮ます。
  7. 弱めの中火にして、アクをすくいます。ごぼう、しめじ、ねぎ、せりを加えて、「ふた」をします。2分から3分ほど煮たら出来上がりです。

なお、「ご飯だんご」の別の作り方として、オーブントースターで5分ほど焼いて作っても良いです。「焼いただんご」はカリッとして、美味しいです。

おもてなし料理と言える鍋料理

つくね鍋冬の「おもてなし料理レシピ」の代表と言える物は、なんと言っても「鍋料理」でしょう。鍋料理は、土鍋があれば、メインから締めくくりの一品まで食材を味わいつくせることが醍醐味です。
また、お客様がいらっしゃった時、材料の「下ごしらえ」を事前にしておけば、キッチンにこもりっぱなし、ということを避けられます。キッチンにこもらずに、お客様と一緒に食事を楽しめるという点は、鍋料理の良いところです。
みんなで集まって食事する時、ボリューム満点の鍋料理を食べましょう。



タイトルとURLをコピーしました