「肌荒れ」のタイプ別スキンケアの方法

「肌荒れ」のタイプ別スキンケアの方法

肌荒れに悩む女性

「肌荒れ」に対するスキンケアは、肌のタイプによってそれぞれ違います。
以下に「それぞれのスキンケア方法」を、ご紹介したいと思います。

乾燥肌

乾燥肌とは、角質層や皮脂の水分、皮膚の潤い成分が少なくなっている肌のことを言います。肌がカサカサになりやすい状態です。
乾燥肌では洗顔後、何もケアしないでそのままにすると、肌がつっぱって乾燥して肌荒れになります。

洗顔した後では、まずは保湿効果が高い化粧水で水分の補給を行ないます。その後に、栄養価があるクリームを塗りましょう。

脂性肌

脂性肌とは、水分や皮脂の分泌量が多すぎる肌のことを言います。脂が肌に浮いてきて、テカテカする肌のことです。

洗顔した後では、さっぱり系の化粧水で水分を補給しておきましょう。肌が脂っぽいからといって、洗顔後に何もケアしないで放っておくことは良くないからです。
また、メイクをした後では、洗顔できないでしょう。なので、あぶら取り紙やティッシュを使って、余分な皮脂を「こまめに取り除く」ようにしましょう。

混合肌

混合肌とは、顔の部分によって、乾燥肌と脂性肌が混在している状態の肌です。
「額・鼻すじ」のTゾーンではテカテカしやすい脂性肌であり、「ほほ」や「目の周り」「顔の輪郭部のUゾーン」は乾燥肌という状態です。

Tゾーンについては皮脂腺が活発なので、脂性肌と同じスキンケアを行ないましょう。
乾燥しているUゾーンについては、美容液などで水分を補給しましょう。

敏感肌

敏感肌とは、外部の刺激・紫外線・乾燥・摩擦や、化粧品などに含まれている成分に対して、敏感に反応してしまう肌のことを言います。

洗顔する際、刺激が少ない天然成分の洗顔料で優しく洗顔します。そして、化粧水を丁寧に馴染ませます。
あと、充分な睡眠とバランスが良い食事、適度な運動を心掛けましょう。

正しいスキンケアの例

「肌荒れ」の原因としては、過剰なスキンケアを行なったため、自分に合わない化粧品を使っているため、ということが多いようです(ただし、アトピー性皮膚炎などのアレルギーが原因である場合を除きます)。

もしも間違ったスキンケアを行なっているなら正しい肌荒れ対策を行なって、肌の状態を改善させたいものです。

参考に正しいスキンケアと言われている例を、いくつか書きます。

  • 乾燥肌が「ひどい状態」の時は、なるべくメイクをしないようにします。
  • どうしてもメイクをする必要がある時は、優しくクレンジングします。
  • 一般的には、皮脂の分泌が活発なTゾーンについては、クレンジングをしても大丈夫でしょう(ただし、乾燥が激しい部分を除く)。

お肌の手入れ実施中

先日、女子グループで旅行に行って写真や動画を撮ったのですけれど、それらを見ると私だけが「お肌」が荒れててショックでした…。私も友人たちみたいにキメの整った「お肌」になるため、効果が高いと思っている「肌の手入れ方法」を真面目に実施中です。

吹き出物の対策には、実は乾燥対策も不可欠です。なので、ニキビ肌に効果的なコラーゲン配合のコスメを使用しています。

「シワ」「くすみ」の原因は潤い不足みたいなので、保湿に特化した美容液を購入しました。
分子が小さい成分は、お肌の奥深くに浸透するようです。そうじゃない成分については肌の上に留まるので、フタとなって肌の乾燥を防止してるみたいです。

シワの改善を考えて、純度が高いレチノール(ビタミンA)を主成分とした基礎化粧品を選んでみました。しばらく使っていると、シワが気にならなくなったと感じています。
すでにあるシワについては、そうたやすくは改善できないと悲観的になっていました。ですけれども小ジワ程度なら、スキンケア次第でなんとかなるとも言われています。

基礎化粧品の力だけじゃなくて、睡眠時間もちゃんと取るように気をつけました。そうしたら、だんだんニキビの数が減少してきたみたいです。

肌の手入れにより肌トラブルがなくなれば、ファンデのノリもかなり違うそうです。お肌の印象も何段階か明るくなるから、肌に自信がつくようになり、人との付き合いにポジティブになれそうです。
日々の肌の「お手入れ」を、これからも続けていきたいです。



タイトルとURLをコピーしました