ニキビの種類と特徴

ニキビの種類

誰でも気になるニキビですが、次のような種類があります。

赤ニキビ

ニキビの中で赤く炎症を起こし、「痛み」や「違和感」がある物を赤ニキビと呼びます。肌の表面が赤くはれています。
この炎症に関係があると考えられている物が、毛穴の中のアクネ菌です。アクネ桿菌が炎症を起こす物質を作った事が原因です。触ると、「ヒリヒリ痛み」を感じます。

赤ニキビの症状がさらに悪化したニキビのことを、膿胞(のうほう)と言います。これは、膿を持っています。皮膚の深い部分が傷ついてしまい、炎症が治っても痕が残る場合が多いです。

アクネ菌

アクネ菌とは、「毛包(もうほう)」内に常に存在する細菌です(毛包は、毛の根っこを覆う部分です)。

アクネ菌には、嫌気性という性質があります。これは、酸素があると生育できないという性質です。毛穴が角栓によって塞がれて酸素が減少した時、成長を始めます。
アクネ菌は脂(あぶら)のカスが詰まっている毛穴の中で、皮脂を栄養として繁殖します。その数を急激に増やしていきます。

増えたアクネ菌は、細菌性リパーゼという酵素を生み出します。その酵素は、皮脂を遊離脂肪酸(悪い脂)に変化させます。
これらの酵素や悪い脂によって毛包が痛めつけられて、赤く炎症を起こします。その結果、周辺の組織が破壊されてしまいます。

黒ニキビ

毛穴の皮脂が空気に触れて酸化することで、見た目が黒くなるニキビです。皮脂が毛穴に詰まると、毛穴が広がります。その毛穴の皮脂が黒っぽくなった物です。
毛穴が開いている状態で、炎症を起こしていないニキビと言えます。毛穴の中に脂(あぶら)のカスが溜まり、カスが酸化して黒く見えます。

もう少し詳しく言うと、これは皮脂が空気に触れて酸化して、「ホコリ」や「汚れ」などを吸着して、毛穴の表面が黒く見える物です。鼻の頭や頬(ほほ)に出来て、目立っていることが多いです。

なお、黒ニキビについては、スキンケア次第で治る確率が高いです。なので、ニキビ跡になる可能性は低いと言えるでしょう。

白ニキビ

先程の黒ニキビの症状が進行すると、盛り上がってきて黄色っぽいが出ます。それが白く見えるニキビの事です。
毛穴が閉じている状態で、炎症を起こしていないニキビと言えます。毛穴の中に脂(あぶら)のカスが溜まっています。これは毛穴にコメドが出来て、溜まった皮脂が透けて見える状態となっています。

コメドとは、非炎症性の皮膚湿疹のことで、角栓が毛穴に詰まって皮脂の出口が塞がれてしまった物です。小さくてブツブツして見えます。
毛穴の周辺で角質層が厚くなり(角化)、毛穴に角質が詰まってしまいます。これが皮脂と混ざって、脂の塊のような栓になってしまいます。

早めにニキビをケアしましょう

赤ニキビに悩む女性

黒ニキビも白ニキビもまだ炎症を起こしていないので、早めにケアすることで炎症を伴う赤ニキビになることを防げます。

そのまま自然に治ってしまう場合もありますが、アクネ菌が毛穴に溜まった皮脂を栄養にして繁殖し、ニキビを悪化させることもあります。油断せずに、きちんとしたスキンケアをするように心掛けて、さらに悪化することを防ぎましょう。

ニキビが出来ると気になってしまい、ついつい指でつぶしてしまいたくなります。ですが指でつぶすと、跡が残ってしまう場合があります。なので止めましょう。

もしもニキビが出来たままの状態が長く続くようなら、早めに皮膚科に行きましょう。