USBメモリが壊れたら、業者に復元してもらいましょう

データ保管に便利なUSBメモリ

USBメモリーハードディスク内の「ちょっとしたデータ」をコピーする場合は、USBメモリーなど持ち運びできる記憶メディアに、データをコピーすると便利です。

容量が大きいUSBメモリーもあるので、データのバックアップにも利用できると思います。

USBフラッシュメモリは、持ち運びやすくて便利です。なのでデータを受け渡すメディアとして、幅広く使われています。

しかし、「持ち歩き」の際に発生する衝撃などによって破損したり、ディスク内部のデータが初期化されたりという障害が、発生しているようです。
フラッシュメモリの特性上、使用している途中で、データが初期化されてしまうことが起きるようです。

データ復元の専門業者

USBメモリが何らかの理由で壊れてしまった時、

データ復元の専門業者に依頼すれば、データを復元できる場合があります。

USBフラッシュメモリのデータ復元ができる業者は、数多くあります。

フォーマットした場合にも対応

メモリをフォーマットしてしまった場合や、フォーマットした後に新たにデータを保存した場合でも、データの復元が可能だそうです。

フラッシュメモリ内のデータを削除した場合では、ハードディスク機器と同じくメモリ内の構成情報を再構成することで、以前のデータを復旧することが可能ということです。

また、電気的衝撃や外部衝撃、浸水などによってメモリが破損した場合も、メモリ内部のデータを取り出して復元することが可能です。

成功報酬制を選びましょう

費用については、物理障害の場合などは結構「高額」だそうです。
なのでデータの復元業者を選ぶ際は、成功報酬制を採用している業者を選びましょう。
成功報酬制とは、データを復旧できない場合は、費用が発生しないという報酬制のことです。

※個人でデータを復元する場合は、専用のソフトを使うことになります。業者と比べて費用は安いですが、復元できない場合もあると思います。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム