無線LAN子機を使って、スマートにネットに接続しましょう

無線LANの子機が必要な場合

自宅のパソコン、例えばデスクトップ・パソコンで無線LANを利用する際、パソコンに無線LANの機能が内蔵されている必要があります。もしも内蔵されていないなら、無線LANの子機が必要となります。

最初からパソコンに無線LANが内蔵されているなら、子機は必要ありません。今後パソコンを買うなら、無線LANが内蔵されている物を選ぶと良いでしょう。パソコンの説明書には、無線LAN内蔵かどうか明記されています。

もしも子機を購入する場合は、なるべく親機と同じメーカーの製品を選びましょう。そのほうが「規格が合わないという不具合」を起こす事も少なくて、安心でしょう。万が一に接続できないなどのトラブルがあっても、メーカーのサポートを受けやすいと思います。

無線LANについては、たまに電波状態が悪いなどのトラブルがあります。メーカーのサポートを受けやすい事は、困った時に頼りになります。

あと、親機としてルーター機器が必要です(ルーターとは、おおまかに言うと「モデム + スイッチングハブ」と言えます)。

そして親機と子機においては、無線LANの規格が同じである事が必要です。無線LANのルーター製品の中には、親機と子機がセットになっている製品があります。親機と子機を共に購入する予定なら、そのようなセットになっている製品を買うと良いです。接続できないなどの不具合が起きにくいからです。

使い勝手が良い無線LAN

無線LAN無線LANを利用し始めた方が実感するメリットと言えば、家中どこでもインターネットが出来るという事でしょう。
パソコンが自分の部屋にあってもリビングにあっても、ネットを利用できる事になります。

一般的な木造住宅の場合、一階でも二階でも無線が届きます。なので家中どこでも、ネットワークを利用できると言えます。
※もしも二階まで無線の電波が届かない場合、中継器を使うことになります

あと無線という事で、LANケーブルが不要となります。パソコンにはUSBケーブルなど、いくつかのケーブルが付いていますが、LANケーブルの分だけスッキリさせる事ができます。見た目にも掃除する際にも、ケーブルは少ないほうが良いです。

最近ではパソコン初心者の方でも、初めから無線LANを選ぶ事例が増えています。無線にするほうがメリットを得られるので、人気があるようです。