掃除機ヘッドのタイプ(覚え書き)

掃除機ヘッド

掃除機ヘッド・イメージ画像

家庭用の掃除機は、家電の定番商品と言えます。そして定番な物だけに、他の掃除機との差別化が求められているようです。

差別化するポイントの一つとして、ヘッドタイプがあります。

エアータービンヘッド

例えば、エアータービンヘッドと呼ばれているタイプの物があります。これはヘッドのブラシが空気によって回転する、というタイプです。

掃除機は、ホコリとともに空気も吸い込みます。その吸い込んだ空気をブラシの回転に利用する、というヘッド構造になります。比較的低コストで作れるヘッドという事より、値段が安くて、そこそこの吸引力を持っている掃除機が欲しい方に、おすすめのヘッドタイプと言えます。

マイナスイオンでホコリを吸引

マイナスイオンの活躍の場は、健康グッズだけではありません。最近では、掃除機においても利用されています。

掃除機のヘッドにおいて、ヘッドからマイナスイオンを出してホコリを吸い寄せる物があります。掃除機のような掃除用具においてマイナスイオンが活用されているとは、ちょっと「不思議な感じ」もします。

回転できるヘッド

掃除機の中には、かなり細かい点まで「こだわって製造された物」があります。こだわりの例としては、ヘッドが「くるりと回転する物」があります。

掃除機で部屋を掃除している際に、家具同士の狭い隙間を掃除機で掃除したい、と思ったことがあると思います。通常の掃除機のヘッドでは、このような狭い隙間を掃除することは困難です。ですが「くるりと回転できるヘッド」なら、狭い隙間でも掃除が可能です。

今後、掃除機を購入する際、このような細かい点にこだわっている掃除機ヘッドを、検討しようと思いました。