健康そして美容に良い「野菜の栄養素」

栄養素が豊富な野菜

野菜と言うと、健康な食生活には欠かせない食材だと思います。
そんな野菜には、どのような栄養成分が含まれているのでしょうか?

野菜の代表的な栄養素と言えば、

ビタミンC・βカロチン・カリウムがあります。

野菜

それ以外にも、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE、カルシウム・鉄・食物繊維など、様々な栄養素があります。

以下に野菜の代表的な栄養素と言える「ビタミンC・βカロチン・カリウム」について、ご紹介したいと思います。

ビタミンC

ビタミンCは、体の免疫力を高める、風邪の予防、ウイルス撃退などの作用があると言われている栄養素です。
免疫力向上などの他にも「がん予防の作用」もあり、その作用はビタミンEと共に取る事で、さらに向上します。
また、コラーゲンの生成にも関与しており、「しみ・そばかす」の予防や美白など、美容にも効果があります。

ビタミンCを含む野菜

ビタミンCは、様々な野菜に含まれている事がわかっています。

ビタミンCは含有量の多い順に、
赤ピーマン・芽キャベツ・黄ピーマン・菜の花・パセリ、
ブロッコリー・かぶの葉・カリフラワー・ピーマン・ゴーヤ
となります。※おおよその目安となります。

菜の花

菜の花は、春の旬野菜の一つです。これは昔から日本にある野菜ですが、地中海で生まれた野菜ということです。ビタミンCやカルシウムが、豊富な野菜です。
良い物の選び方は、切り口がみずみずしくて鮮やかな色の物を選ぶと良いです。もしもしばらく使わない場合は、固めに茹でて冷凍保存しておくと良いでしょう。
調理では、「お浸し」や「からし和え」などが知られています。その他に、菜の花油も有名です。

βカロチン

続いて、緑黄色野菜に含まれているβカロチンです。これは体内で、ビタミンAに変換されます

ビタミンAについては、もしも不足すると視力障害などが起こります。
また、ビタミンAには、胃腸や気管支などの粘膜を正常に保ち、皮膚を作る役割があります。そして「がん」や「老化」の防止にも、効果があります。

βカロチンを含む野菜

βカロチンを多く含む順に野菜を並べると、
しそ・モロヘイヤ・人参・パセリ・バジル、
明日葉・春菊・ほうれん草・西洋かぼちゃ・大根の葉
となります。※おおよその目安となります。

これらの野菜は油で調理する事により、βカロチンの吸収を高める事ができます。

カリウム

そしてカリウムも、多くの野菜に含まれている栄養素です。カリウムは体内の塩分量を調整して、利尿作用があります。そしてエネルギー代謝の活性化、「タンパク質を作る働き」への作用、「神経・筋肉の機能を正常に保つ働き」があります。

体内でカリウムが増えると、血圧が下がりますが、不足するとインスリンの分泌を抑制します。そうなると満腹感を感じることができなくなり、「肥満の原因」や「むくみ」「血圧の上昇」を招いてしまいます。

カリウムを含む野菜

カリウムを多く含む順に野菜を並べると、
パセリ・ゆり根・ほうれん草・おかひじき・里芋、
芽キャベツ・枝豆・山芋・明日葉・モロヘイヤ
となっています。※おおよその目安となります。

カリウムは加熱に弱いので、生で食べるのが一番です。もしも煮て食べる場合などは、煮汁も一緒に食べる事で栄養を効率良く摂取できます。

野菜
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム