野菜と脳の健康

野菜と学生の成績

「一日に350gの野菜を取ると健康に良い」と言われています。健康と言えば、まずは体の健康を思い浮かべると思います。しかしここでは、野菜と脳の健康についてお話したいと思います。

テストの結果多くの種類の食品を摂取している人は学習の成果が良い、と言われています。食品の中でも、特に野菜や魚介類、豆類が良いとされています。
「大根」「きゅうり」「レタス」「白菜」「ピーマン」などの一週間の摂取量と学生の成績について、次のような事が言われたりしています。
それら野菜の摂取量が約2倍の学生は、野菜が不足している学生に比べて、成績で良い結果を出しているそうです。

脳に欠かせない栄養素としては、ビタミンCやビタミンB群があります。これらビタミンを血液中に長い間とどめる事のできる野菜には、「玉ねぎ」「にんにく」「にら」「ネギ」などがあります。
あと、「サラダ菜」「春菊」「小松菜」「かぶ」などをしっかり取る事により、脳に充分な血液を送る事ができます。それらは、赤血球の元になる鉄分を多く含んでいるからです。

もしも野菜が不足していると、「知能低下」や「性格を歪めるような症状」が現れるという報告があるそうです。
余談になりますが、アルツハイマー病を予防する食習慣として、野菜や果物を取る事が推奨されています。ビタミンE・ビタミンC・βカロテンなどの摂取が、勧められています。

脳に関係する栄養素

脳に関係する栄養素については、ビタミンミネラルの過不足が、情緒不安定など、脳に影響を与えることがあります。
ビタミンだけでなくてカルシウムの過不足や、体内の有害な金属が高い数値を示すと、「脳の働き」が阻害されてしまい、アドレナリンが大量に分泌されることが起こります。アドレナリンは、攻撃本能を起こす成分とも言われています。そして、危険な成分であるとも言われています。

また、ある報告では、犯罪歴のある人物では、体内の必須栄養素のミネラル9種が不足していたという指摘があったりします。ここで言うミネラル9種とは、ナトリウム、カルシウム、亜鉛、リン、銅、鉄、マンガン、カリウム、ベリリウムのことです。

脳に関係する栄養素の一つに、カルシウムがあります。このカルシウムという栄養素は、例えば旬の無農薬野菜を多く食べることで摂取できます。

また、マグネシウムという栄養素も注目すべき栄養素の一つです。マグネシウムは、神経系の鎮静作用を持っています。
このマグネシウムがたくさん含まれている野菜には、「ほうれん草」があります。その他には「豆類」「ひじきなどの海藻類」「とうもろこし」などに、多く含まれているそうです。野菜以外の食品では、ナッツ類やバナナなどに豊富に含まれています。

脳の健康を考えた場合、食事で野菜を取るようにしてください。

野菜
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム