ダイエットに取り入れたい食材・野菜

ダイエット中に、野菜を食べましょう

野菜ダイエットを始めると便秘になってしまうという人が、結構いると聞きます。
そういう方は、野菜を食べることを「おすすめ」します。野菜には、食物繊維が豊富に含まれています。なので、便秘の解消を期待できます。

食物繊維は「第6の栄養素」と言われています。植物性の消化されない成分についての総称です。「こんにゃく」のマンナン、「りんご」や「いちご」のペクチン、「海草」のアルギン酸などに、たくさん含まれています。

参考にダイエットに良い野菜を、以下に書きます。

アスパラガス

新陳代謝を高めてくれる野菜です。

トマト

脂質の代謝を、高めてくれます。

レタス

糖質をエネルギーに変えてくれる野菜です。たくさん食べる場合、加熱して「かさを減らす」と良いです。

根菜類

根菜類は、ダイエットに良いとされる野菜の一つです。なので、ぜひ毎日のレシピに取り入れてください。

「ごぼう」や「レンコン」という根菜類は、野菜の中では高カロリーと言えます。ですが、米などの穀類や油などと比べると、低カロリーと言えます。
基本的に、野菜は低カロリーな物が多いです。毎日の食事で、ぜひ多くの野菜を食べましょう。

原型の野菜

食べ物を選ぶことが、ダイエットすることに繋がります。ここで言う「選ぶ」とは、「食べ物の形状」を選ぶことです。「原形」に近い食べ物を選ぶと、ダイエットすることになります。

例えば「りんごジュース」よりも、「りんご」そのものを食べるようにします。ポテトサラダよりも、ジャガイモの煮物を食べるようにします。コールスローサラダよりも、簡単な野菜スティックを選ぶようにします。

ところで、なぜ元の姿をしている食べ物のほうがダイエットになるのでしょうか?
それは、人が体の中に「原形の食材を分解する酵素」を持っているからです。つまり原形の食材を、分解しやすいからです。

その反対に、人の酵素は加工された食品を分解しにくいと言われています。実際のところ、簡単に分解できない場合が多いそうです。

胃や腸内で消化できなかった物は、腸の壁に付着したりします。そんな腸に溜まった老廃物により、他の栄養分を吸収できず、栄養不足になったりします。
栄養不足で体が不健康になると、ダイエットしにくい体になってしまいます。

野菜
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム