「目の健康体操」と言える視力回復トレーニング

視力低下の原因

視力低下の原因は、様々な事があります。その中でも「3種類の近視」と「2種類の病気(症状)」が大きな原因である、と言われています。

視力回復のトレーニングを行なう前に、なぜ視力が落ちたのか、視力低下の原因について知っておく事は、とても重要です。
例え視力回復トレーニングを行なって視力が回復したとしても、視力が低下した根本的な原因をわかっていないなら、再び同じ事を繰り返してしまいます。それでは、せっかくのトレーニングが無駄になってしまうでしょう。

最低限の必要な事だけでも、知っておくようにしましょう。
参考に、視力低下の大きな原因を挙げておきます。

近視

仮性近視

子供によく見られる症状です。
近くの物を見ると毛様体筋の緊張が緩み、角膜や水晶体が厚くなります。しかし長時間見続けることによって、毛様体筋が緊張して、うまく調節できなくなってしまいます。

遠くを見ても水晶体が厚いままで網膜の手前でピントを合わせてしまい、遠くの景色が「ぼやけて見える」ようになります。
このような状態の近視のことを、仮性近視と言います。

屈折性近視

多くの近視の人が「この屈折性近視である」と言われています。
近くを見る生活(パソコンの使用・テレビ視聴・机で勉強など)を続けたため、毛様体筋の緊張が続き、水晶体を薄くできない状態が常になってしまいます(水晶体が、近くを見つめた状態で固まってしまいます)。
遠くを見た場合では、ぼんやりと見えてしまうことになります。

このような状態の近視のことを、屈折性近視と言います。
屈折性近視では、水晶体は厚いままの状態です。なので、遠くからの光であっても近くからの光と「同じ強さ」で屈折されて、網膜の手前でピントを合わせてしまいます。よって、遠くの物がぼやけて見えます。

軸性近視

軸性近視の原因は遺伝の可能性が高い、と言われています(明確な原因は、わかっていません)。
屈折性近視と違って、毛様体筋のピント調節に異常はないです。しかし、眼球が通常より長い楕円形になっているために眼軸が長く、網膜の手前でピントを合わせてしまいます。遠くの物が「ぼやけて見える」ようになります。

このような状態の近視のことを、軸性近視と言います。
屈折性近視に比べると可能性は少ないですが、網膜剥離が起こる可能性が高いです。※詳細は、眼科医にご確認ください。

病気

緑内症

視神経の障害で、視野が狭くなる症状です。
視力も少しずつ低下して行き、最悪の場合は失明することもあります。

糖尿病性網膜症

糖尿病になり、高血圧が続くことによって、網膜症を引き起こします。
そして視力低下などの症状が出てきます。
進行すると視力の低下どころか、失明する可能性も出てきます。

視力回復のトレーニング

視力回復の方法は、いくつかあります。その代表的なものとして視力回復のトレーニングがあります。このトレーニングには、

  • 視力回復センターにて行なうもの
  • 試視力表(ししりょくひょう・視力を測定するための表)を使用するもの
  • 3D画像やソフトウェアを使用するもの

など、様々あります。

視力回復トレーニングの目的は、水晶体の調節を行なう筋肉である毛様体筋の無理な緊張を取り除き、遠近調節機能を活発にさせることです。

最初に、目について理解しましょう

女性の瞳それぞれの視力回復トレーニングを行なう際、目について、よく勉強しておくことをおすすめします。目について勉強した上で、視力回復のトレーニングを行なっていくと、なぜ、そしてどうやって視力が回復していくのか、よくわかります。
また、視力回復の進行を早めることにも繋がります。

どうして目が見えるようになるのか、基本的なメカニズムについて、簡単にお話したいと思います。
目の中に入ってきた光が水晶体で屈折して、網膜上で焦点がピタリと合うと物が見えます。
水晶体を適切な大きさに動かすことができれば、目がきちんと見える仕組みになっています。

その水晶体は、毛様体筋によって動かされています。
もしも「毛様体筋の動き」が悪いと、水晶体はきちんと動きません。この場合、網膜上ではなくて網膜の前で焦点が合った状態になります。よって物の見え方が、ピントがボケた状態で見えます。

以上のことから、目で重要なのは毛様体筋の動きです。

毛様体筋を適切に動かすことができれば、目が見えるようになると言えます。

学者や専門的な仕事をしている人でなければ、たくさんの知識を持っておく必要はありません。しかし視力の回復を目指している人は、少なくとも目の基本的なことを知っておくようにしましょう。

視力の種類

「視力回復トレーニング」の中にも「視力」という言葉が含まれていますが、普段の私達の生活の中でも「視力」という言葉はよく使われています。その「視力」にも、様々な種類があります。

これから自分がトレーニングしようとしている視力について、最低限知っておくとトレーニングに役立つでしょう。指導者の説明も、よく理解できると思います。
直接関係ない事もあるかもしれませんが、参考にご紹介します。

  • 裸眼視力……メガネやコンタクトで矯正していない視力。
  • 矯正視力……メガネやコンタクトで矯正している視力。
  • 方眼視力……片方の目の視力(もう片方の目は、完全に閉じさせた状態にする)。
  • 両眼視力……両方の目の視力。方眼視力よりは視力は良い。
  • 近見視力……近距離・視力表を使って、目から30cm離れて測定をした視力。
  • 遠見視力……通常、5m離れて測定した視力。
  • 静止視力……静止した物を見る視力。
  • 動体視力……動いた物を見る視力。球技や格闘技など、スポーツ選手にとっては重要な視力。
  • 中心視力……一般的に言われている視力。網膜黄斑部・中心窩(ちゅうしんか)で見た、一番良い視力。
  • 中心外視力……網膜黄斑部・中心窩(ちゅうしんか)から外れた視力。中心視力に比べて、視力がかなり悪い。

目の健康体操

視力回復の治療方法として、トレーニングの効果を期待できるなら、視力回復のトレーニングをおすすめします。自宅で都合の良い時に行なうことができて、短時間で手軽に、そして安価に実行できるからです。
また、手術や薬を使うという訳ではないので、副作用の心配も全くありません。
そして実は、視力回復トレーニングは「目の健康体操」としても期待できます

目を鍛えられる視力回復トレーニングは、小さな子供から大人まで誰にでも可能です。
最近は、小学生低学年にもかかわらず、視力が大人以上に悪いという子供がいます。このような低年齢の頃からメガネやコンタクトに頼ってしまうと、将来かなり強い近視へ移行する可能性があります。なのでメガネなどに頼らず、目をトレーニングして「鍛えること」によって視力の回復を図ることをおすすめします。

目は一生を共にする大切な物です。目に対する副作用がない視力回復トレーニングを行なって、「視力の回復」と「目の健康維持」を目指しましょう。

優先したい「目の健康」

近年、眼科の治療は日々進歩しています。視力を回復させる手段については、コンタクトレンズや手術、レーザー治療、人口水晶体、角膜移植など、選択肢が増えてきています。これらの方法を適切に使えば、視力を回復できたり、目の病気を治せると思います。
しかしまだ歴史が浅いために、安全な術法が確立していない(わかっていない)ものもあるようです。

あと、手術を受けた後、しばらくの間ドライアイの症状が出てくる場合もあります。例えばレーシックの手術を受けた後、おおよそ2ヶ月から3ヶ月くらいは、ドライアイの症状に悩まされる事があります。
もしもドライアイの症状が出た場合には、目薬を使って症状を緩和させることになります。治るまで、その対処法で対処することになります。

様々な視力の回復法がありますが、やはり目の健康を第一に考えたいです。

目の症状に合わせてトレーニングする事

視力回復機器

視力回復器具・イメージ画像

視力が悪い人は、近視や遠視の症状が混ざり合うことで、視力が悪くなっていると聞きます。どれか一つだけの症状によって、視力が悪くなっているという訳ではないようです。

よって視力回復トレーニングを行なう場合、どの症状によって視力が悪くなっているのか、きちんと見極める必要があります。それぞれの症状に応じたトレーニングを行なう事になります。

屈折性の場合、その原因は水晶体を調節する力が不足していることです。なので、「水晶体の厚み」を調節する毛様体のトレーニングを行ないます。

軸性の場合、その「目の伸び」を、それ以上進行させないようにするためのトレーニングを行ないます。なお、眼軸が一度伸びてしまうと、目は元には戻らないです。

このように近視・遠視の原因を明確にして、その原因に対応した視力回復のトレーニングなら、安心してトレーニングできるでしょう。
専門家の指導の下、視力の回復を目指して訓練してみましょう。

トレーニングが効かない症状

しかし残念なことに、視力回復のトレーニングが有効なのは、一時的な近視である仮性近視になった状態の時だけ、と言われています。
真性近視になってからでは手遅れであり、トレーニングの効果を期待できません。

その他に、角膜に異常がある乱視や角膜の肥厚(ひこう)、眼軸が通常より長い軸性近視にも適応できません。その場合は、他の治療方法にて視力の回復を図ることになります。

視力回復のための生活環境

視力はトレーニングをしたからといって、回復するとは限りません。 周りの環境の改善を図りながら行なっていかなければ、そう簡単には視力は回復しないです。
例えば視力回復のトレーニングをしても回復が「なかなか見られない人」の中で、腸の調子が悪い人がいます。そのような人は、腸に優しい生活を心掛けるようにしましょう。

もちろんトレーニングの実施が、一番重要だと思います。しかし回復の進行をスムーズに、そして早く効果を出すには、まずは自分の生活環境を「きちんと整える事」から始めましょう。

視力低下の「きっかけ」脳のストレス

何か悩んでいる事・心配な事・不安な事などは、ありませんか?
もしもあるなら、その事が視力悪化の進行を早めているかもしれません。

実は、こういう「脳のストレス」が視力の低下に繋がっていたりします。

悩む女性視力の回復を目指す上で、目と脳の関係については知っておいたほうが良いでしょう。そのほうが、視力の回復に役立ちます。

目は、視神経の集合体と言われています。
目は「たくさんの神経」で形成されていて、脳に直接繋がっています。
このため脳のストレスが、視力の低下をもたらします。物を見る行為は、脳と密接に関係していると思って良いでしょう。

なお、人間の情報収集は、ほとんど目から行なっています。なので視力が悪いと脳に情報が行かず、判断する力や記憶する力など、脳の機能が低下することになります。

脳が元気なら視力も回復

私達は目の健康と脳の健康について、考える必要があります。
脳の健康に良いのは、ツラすぎるストレスがない私生活です。毎日が楽しくて、笑いがある生活を送れるように、何かでストレスを発散するようにしましょう。

自分が興味ある事・好きな事をやって、羽を伸ばすのも良いでしょう。
(スポーツで汗をかいたり、英会話や楽器などの習い事をしたり、美味しい物を食べたり、ドライブに行ったり、友人と「おしゃべり」をしたり、買い物に行ったりなど)。

心や体が喜べば、脳もスッキリして喜び、元気になります。そして、

その「脳の喜び」が視力にも影響して、視力回復に繋がっていきます。

ストレスが解消された時の目は、きっとイキイキと輝いているでしょう。

視力回復トレーニングを行なっている場合、私生活(プライベート)は、重要なトレーニング環境の一つと言えます。