視覚を鍛えるビジョントレーニング

ビジョントレーニング

瞳ビジョンとは視覚のことで、ビジョントレーニングとは視覚を鍛錬することを言います。

視覚の能力を総合的に鍛えると、物を正常に見ることができます。これは視力低下の予防に、大きな効果をもたらします。
また、視覚機能が向上することで、目に掛かる負担が減ります。よって視力回復トレーニングの効果も、より一層良くなります。

周辺視覚を鍛える事

私達は周辺視野より、多くの情報を取り入れています。周辺視野は、周辺視覚を鍛えることによって広くなります。
つまり、周辺視野から出来るだけ多くの情報を取り入れれば、物体を見ることがそれだけ楽になります。

実際に近視の人は、この周辺視野が「とても狭い」そうです。
狭い状態では、脳は物体を見るという行為にストレスを感じます。そしてさらに、視力が低下することになります。
なので視覚を総合的に鍛えていくことが、視力の回復に大切と言えます。

ビジョントレーニングの教材

視覚の能力を向上させるためにビジョントレーニングを行ないたい人は、本や教材があります。参考にしてみてください。
そして興味がある方は、ぜひビジョントレーニングを試してみましょう。眼から入った情報を効率良く認識して、分析・理解する力を養うことで、裸眼で見えるくらいまで視力を回復させましょう。

教材としては、例えば以下のような物があります。

「あなたの眼はどんどんよくなる」中川和弘著 三笠書房刊

自宅でも出来る画期的な最新トレーニング法を、紹介しています。
AOA(米国視力眼科協会)でも、実践されているそうです。

「パワフルビジョン」「視覚機能開発」ビデオ

眼が本来持っている重要な視覚機能を、総合的に向上させるためのプログラムです。
アメリカで開発された「視覚機能開発」プログラムで、一流スポーツ選手も練習のメニューに取り入れているそうです。
付属のツールと映像のプログラムにより、自宅のテレビを見ながら、簡単に手軽にトレーニングを実施できます。