疲れ目の改善を期待できるビタミンB

疲れ目対策にビタミンB群

疲れ目対策には色々とありますが、食べ物を工夫することも疲れ目対策の一つです。食べ物は身体の健康を始め、目の健康にも関わりがあります。なので疲れ目の人は、毎日の「食生活を見直すこと」が大事です。

目の健康に欠かせない栄養素としてビタミンがあります。

その中でも疲れ目対策には、ビタミンB群が大事です。

ビタミンB

ビタミンB1ビタミンB2は、「視神経の働き」を高めたり、「視力の低下を防ぐ働き」を期待できます。これらのビタミンは豚肉やサバ、玄米などに多く含まれています。
そしてレバーや納豆、海苔などに含まれているビタミンB2には、「網膜の働き」を助ける効果や目の充血を解消する効果、視力回復の効果を期待できます。

ある人から聞いた話になりますが、眼科で診察を受けた際に、疲れ目の症状に合わせてビタミン錠剤を処方してくれることもあるそうです。疲れ目がひどい方は、一度眼科で診てもらうと良いです。

ビタミン入りの目薬

ビタミンと言えば、目薬にビタミンが使われていたりします。例えば、赤のビタミンが使われていたりします。
ここで言う赤のビタミンとは、ビタミンB12のことです。このビタミンB12は、毛様体筋に直接作用します。なので、目の神経機能を回復させる効果を期待できます。
疲れ目の原因の一つは、目の酷使による毛様体筋の疲労です。よって、毛様体筋に直接作用するビタミンB12は、疲れ目改善の効果を期待できます。

症状がひどいなら、眼科で診察

あまりにも疲れ目の症状がひどい場合は、眼科で診てもらうことも有効な対策と言えます。眼科の中には、疲れ目の治療に力を入れている所もあると聞きました。そのような眼科では、リラクゼーションなどの治療を積極的に取り入れているそうです。眼科のウェブサイトを見たり電話で問い合わせたりすれば、疲れ目治療をしっかりとしてくれる眼科を見つけられるでしょう。

なお、患者側の話をすると、眼科にやってくる人は薬による治療を強く求めているらしいです。ですが疲れ目の原因は、生活環境や生活習慣である事がほとんどです。目薬で疲れ目を改善しても、私生活で再び目が疲れてしまうそうです。これではいくら眼科に行っても、疲れ目は治らないと言えます。
眼科医の指導の下、「生活の見直し」もする必要があります。実際に、睡眠時間を充分に取るようにしたり、スマートフォンやパソコンの利用を控えたりして、疲れ目を治した方もいるという事です。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム