声優・塩沢兼人さん

男性塩沢兼人(しおざわ かねと)さん(1954年1月28日生まれ)は、青二プロダクションに所属されていた声優です。
2000年5月10日、塩沢兼人さんは自宅の階段にて転落して、脳挫傷のため急逝されました。46歳という若さでした。

塩沢さんは、アニメやゲームを中心に活躍されていました。
主な出演アニメは、「北斗の拳」のレイ役、「機動戦士ガンダム」のマ・クベ役、「アンジェリーク」シリーズのクラヴィス役、「ハイスクール!奇面組」の「物星大」役、「クレヨンしんちゃん」の「ぶりぶりざえもん」役と、様々です。

美形悪役が似合う声質

特徴的な中音域の声質の持ち主で、クールな二枚目から悪役、オカマやギャグ・キャラクターなど、多くのキャラクターを演じられていました。
「マイクを舐めまわすがごとき、しゃべり」とも言われたように、独特の「間合い」と「抑揚」で演じられる美形悪役には、定評がありました。

1990年以降の声優ブームにより、人気声優がアニメやゲームのキャラクターソングを歌う機会が多くなりました。その際、あまり歌には自信がなかったようで、戸惑っていたようなコメントを残すこともあったそうです。

漫画
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム