なりたい人がたくさんいる、声優という職業

声優という職業

女性の声優アニメなどで活躍している声優さんたちを見て、「自分もなりたい!」と思う人がいます。
アニメに関する仕事の中でも、声優という職業は人気があります。
仕事の範囲について言えば、アニメで声を演じるだけでなくて、曲を出してライブをしたり、ネットラジオのパーソナリティをしたりと、幅広いようです。

声優になりたい人は専門学校に通って、ボイス・トレーニングなどの様々な科目を学習しているそうです。
タイミング良くセリフを言い切り、そのアニメの登場人物が本当に話しているように演じるので、とても特殊で難しい仕事だと言えます。

アニメ業界の「ある専門学校の校長」が、声優関連の就職事情について次のように話していたそうです。
「声優・漫画家は、やる気よりも実力勝負になってきます」。
華やかなイメージがある声優ですが、やはり厳しい仕事と言えます。

難しい職業

声優は、とても難しい職業と言われています。
例えば一昔前で声優になる人は、放送劇団や舞台役者として活躍していた人がほとんどでした。つまり、役者として経験を積んだ人がする仕事でした。

現在では、声優自体の人気が高まっているため、役者出身の方以外にも声優になる人が増えてきています。専門学校や声優事務所の養成所など、声優を養成するための専門施設を経て、声優になる人が多くなって来ているようです。

しかし、それら専門の施設を卒業した後、実際に声優になれる人は一割未満と言われています。やはり声優という職業は、道が狭き門と言えます。

声優の養成施設

アニメが好きな人なら、一度くらいは「声優になりたい」と思ったことがあるでしょう。
一昔前では、劇団などで活躍している「役者さん」が、声優になることが多かったそうです。
しかし最近では、専門学校や養成所という声優になるための養成施設を経て、声優になる人が増えているそうです。

声優の養成施設には、大きく分けて専門学校養成所の2つがあります(2009年当時)。

現在では声優になるためには、専門学校や養成所を経ることが、一般的な方法になっています。声優になりたいと思っている場合は、まずは声優の専門学校に入学して、基礎を学びましょう。その後、声優プロダクションなどが運営する養成所に入所するという方法があります。
回り道をしていると思うかもしれません。しかしこうするほうが、効率良く声優の訓練をできると言えます。

声優の専門学校

専門学校では、声優になるための基礎的な知識や技術を学べます
例として、代々木アニメーション学院や東京アニメーター学院、東京工学院専門学校などがあります。多くの専門学校が、東京を始め、各主要都市にあります。

声優の専門学校に入学することは、それほど難しいことではありません。高校を卒業して、試験に合格できれば専門学校に入学できるでしょう。

ただし学費は、それなりに掛かります。安くない学費だと思うので、資料の請求を始め、オープン・キャンパスや学校説明会など、実際に学校に行って様子を確認しておきましょう。

すぐにデビューできないようです

声優の専門学校の中には、声優事務所と提携している学校もあります。そのように聞くと、卒業後、すぐに声優事務所に所属できそうだと思うかもしれません。
ですが実際のところは、そうではないようです。卒業後、声優事務所に所属できる人は、1年に数人いるかいないか、と言われています。

実際に声優となった人の多くは、専門学校を卒業後に養成所などに入り直している場合がほとんどである、ということです。
声優の専門学校は、すぐにデビューできる所ではないと考えたほうが良いでしょう。専門学校では、きちんと基礎を学びましょう。そうすることは、即戦力を必要とする養成所へ入るために、きっと役立つと思います。

声優の養成所

声優になるためには、各声優事務所が運営する養成所に所属することになります。

ちなみに養成所は、様々あるようです。有名な養成所には、アーツビジョンや、アイムエンタープライズが運営する日本ナレーション演技研究所、青二プロダクションが運営する青二塾などがあります。

養成所は、声優事務所の下部組織と言える施設です。なので基本的には、その事務所の特色を反映している内容となっている事が多いようです。
それぞれの養成所によって、得意分野があります。例えばアニメに強い所、映画の吹き替えに強い所、ナレーションやコマーシャルに強い所というように、養成所によって得意分野が違います。
養成所に入ることを考えているなら、事前に各養成所の特徴を調べておきましょう。

養成所について、カリキュラムや講師、得意分野などを知りたい場合、インターネットで検索したり資料請求をしたりすることによって、大まかな事を調べられます。

ネットには、養成所のポイントを「まとめているサイト」もあります。そのようなサイトも活用して情報を集め、自分の希望に合う養成所を選びましょう。そうする事が、声優になるための「はじめの一歩」となるでしょう。

全く何も下調べせずに受験すると、いつまでも養成所に入れないとか、アニメの勉強をしたいのにアフレコの練習が少ないなど、自分の希望と違う内容を学ぶことになってしまいます。気をつけましょう。

応募条件

養成所の応募条件については、違いがあるようです。
全くの素人であっても、オーディションを受けられる所があれば、ある程度、声優に関する訓練を受けた人だけが受験できる所もあります。例えば、1年以上の経験者だけが入れる所などがあります。

声優の新人発掘オーディションの場合は、その応募条件はそんなに厳しいものではありません。よくある条件では、18歳以上であり、プロデビューや声優事務所などに所属していない人という条件があります。その他では、ボイスサンプルの提出が必要だったりします。

声優のオーディションに興味がある方は、アニメ専門誌や声優専門誌、各主催企業のウェブサイトなどで情報を確認しましょう。

実際のところ、オーディションを受けることは厳しい挑戦となります。オーディションを受ける人の多くは、専門学校や養成所で既に訓練を受けている人たちです。なので、声優になるための訓練をしたことがない人には、難しい挑戦となります。

なお、オーディションに落ちても特にリスクはありません。
それに対して、もしも新人発掘オーディションの一次試験に合格して最終選考に残ることができたら、声優事務所の養成所で特待生として受け入れてもらえたりします。
その他にもアニメや声優専門の雑誌、ラジオ番組に取り上げられたりします。
なので一次試験に合格することは、声優になるという夢に一歩近づいたと言えます。

声優デビューの可能性

声優の専門学校を卒業した後では、声優プロダクションが経営する声優養成所に在籍しているほうが、デビューできる可能性があると言えるでしょう。なぜなら、声優プロダクションにそのまま所属できるからです。

一般的にデビューについては、養成所ほうがデビューできる可能性がある、と言われています。ただし、デビューの可能性があると言われている養成所ほど、それに見合った実力が必要とされます。
実力があれば、役を得るためのオーディションで合格して、デビューできる可能性もあります。

厳しいけれど、やってみましょう

声優になりたいと思ったことがある人は、多いでしょう。しかし現実は、厳しい状況です。
何万人という人が声優を目指しているのですが、実際にデビューできる人は一割にも満たないと言われています。

声優を目指す人なら、声優という職業で生活していけるようになるということが、かなり困難であることを理解しましょう。理解して覚悟してから、行動を起こすようにしてください。

繰り返しになりますが、声優という職業は「とても厳しい」です。だけど、どうしても目指したいなら、ぜひやってみましょう。

主な声優の仕事

実際に声優になれたら、仕事をこなしてゆくことになります。仕事としては、次のようなものがあります。

アフレコ

ダイナミックマイク声優の仕事で最も多い事は、「アニメなどの吹き込み」や「洋画の日本語・吹き替え」でしょう。
これらの仕事は、アフレコやアテレコとも言われている作業です。アニメなどの映像に合わせながら、それぞれが担当するセリフを収録します。声優の基本と言える仕事です。

声優の場合、声だけで演技をするので、ちょっと練習すれば誰にでも出来るかも?と思う人がいるかもしれません。
しかし実際には、とても難しい仕事だそうです。

例えば話題のアニメなどに「アイドル」や「お笑い芸人」が声優として出演した時、その人だけが「浮いた雰囲気」となってしまうことがあります。声で芝居することは、実はとても難しいそうです。

なお、アニメや洋画などのアフレコについては、出演する声優が同じスタジオで同時に吹き込むことが多いそうです。なのでアフレコ現場でのコミュニケーションも、大事でしょう。

ナレーション

声優の仕事の一つに、ナレーションの仕事があります。ナレーションは、一般の人が耳にする機会の多い仕事と言えます。テレビやラジオのCM、テレビ番組中に流れるナレーションを、声優が行なっている場合があります。

ナレーションについては、アニメ以上に高い技術が必要であると言われています。そのためか、ベテランの声優さんがナレーションを行なっている場合が多いそうです。ギャラについては、アニメなどに比べると「高め」の設定となっているそうです。

ゲームや舞台

その他の仕事として、ゲームのキャラクターに声を当てる仕事もあります。
ゲームの場合は、音声をデータとして扱うので、個別でセリフを吹き込むことが多いようです。

また、劇団などに所属して舞台活動を行なったり、俳優としてテレビドラマに出演したりすることもあります。

声優のキャスティング

声優のキャスティングについては、アニメの制作者側にキャストの希望がある場合は、最初に「その声優」にオファーを出すようです。

特にキャストの希望がない場合は、オーディションを行なうことが一般的のようです。
オーディションでは、声優が候補となる役にエントリーして、製作者側がエントリーされた役を参考にして、キャスティングを行なっていくようです。

オーディションの一つの「やり方」には、主役級のキャラクターについてはオーディションを行ない、残りの端役についてはキャスティング会社などに依頼する、という方法もあるようです。

このようなオーディションにおいては、たまに声優から「最初は、主人公役でオーディションを受けたけれど、ライバル役としてキャスティングされた」というコメントが、出されることがあります。
このコメントを参考にすると、希望する役でオーディションを受けた場合でも、声優とマッチするキャラクターが別にあった場合は、違う役として採用される場合があると言えそうです。

売上と関係があると言えるキャスティング

例えば新作のアニメ作品が発表される時、誰が「どのキャラクターを演じる」のか、気になる人が多いようです。特に原作があるアニメの場合、誰が自分の好きなキャラクターを演じるのか、気になるようです。
一番嬉しいことは、自分の好きな声優が、自分の好きなキャラクターを演じてくれることでしょう。仮にそうではなくても、最低限キャラクターのイメージに合う声優をキャスティングしてほしいと願っているようです。

なお近年では、このようなキャラクターのイメージ重視のキャスティングと共に、人気声優を起用することが、その作品の「売りの一つ」になっていることがあります。
なぜなら、声優自身にファンが付いているからです。売上を求められるビジネスにおいては、そのようなキャスティングもあると言えます。

声優の報酬

ところで声優を職業として考えた場合、声優の報酬はどのようになっているのでしょうか。
声優の主な仕事であるアニメや洋画、ゲームなどの「吹き替え」の報酬については、ランク制という制度によって規定されているそうです(2009年当時)。

毎年4月、「日本芸能マネージメント事業者協会」(通称「マネ協」)と「社団法人音楽制作者連盟」(通称「音制連」)の協議によって、ランクが定められます。

通常、キャリアを重ねたり人気が上がったりすると、ランクが上がるようです。しかし逆に、下がる場合もあります。
アニメ1本分(30分)については、最低ランクのギャラと最高ランクのギャラが、決められています。そして最高ランクの上には、「上限無し」のノーランクというランクも設定されているようです。

このランク制には、60歳以上に対してランクを下げられないという決まりがあるそうです。この決まりによって、キャリアを重ねた声優は、高ランクに位置することが多くなります。
これについて、長年のキャリアが認められるという点で良い事と言えます。

しかし、悪い影響を与えることもあります。アニメや吹き替えに充分な予算がない場合、ベテラン声優を起用することが難しくなってしまうからです。続編の作品なのに、キャストを変更させる「きっかけ」になってしまう、という弊害もあるそうです。

ちなみに「このランク制」は、アニメと洋画、ゲーム以外には適用されません。
そのため、CMなどのナレーションの仕事をたくさんする声優のほうが、アニメで人気のある声優よりも高年収である事例も見られるそうです。

注目されている「声優という職業」

一昔前では、アニメなどに詳しい人たちだけが関心を持っていた声優という職業は、今では一般的になってきました。そしてアイドル声優と呼ばれる人たちが登場したり、CDランキングに声優や、アニメのキャラクターCDがランキングされたりするようになりました。

声優と言えば、アニメでキャラクターの声を演じている人というイメージが強いかもしれません。しかし声優の仕事は、アニメだけではありません。
洋画やゲーム、ドラマCDを始め、テレビ番組やCMのナレーションなど、声で演技することが主な仕事となります。
さらに活躍の場を広げて、役者や歌手、ネットラジオのパーソナリティなどとして活躍されている方もいます。

そうは言っても難しい仕事であり、まだまだ特殊な仕事と言えるでしょう。ですが昔と比べて、声優は一般的な仕事になり、注目を集める仕事の一つとなりました。



タイトルとURLをコピーしました