クレンジング剤を使った洗顔

クレンジング剤を使った洗顔の「やり方」

洗顔する女性

お化粧をしている方は、美肌を保つためにクレンジングが必要です。軽い化粧だから不要と思っている人も、必ずクレンジングを行ないましょう。日焼け止めを使っている人も、同様です。

まずはクレンジングで油汚れ(ファンデーションなどによる油性の汚れ)を落としましょう。

そして石けん類で「皮脂の汚れ」などを、落としましょう。

このように2回の洗顔で「汚れ」を落とす「ダブル洗顔」を、検討しましょう。肌の状況によっては、肌トラブルを「かなり解消できる」かもしれません。

クレンジングに掛ける時間は、1分くらいで良いです。
クレンジング剤を長く肌につけていると、肌に対して負担になります。「時間の掛け過ぎ」に注意しましょう。

クレンジング剤を洗い流す時は、ぬるま湯を使いましょう。熱い「お湯」を使うと、保湿成分までも落ちてしまうからです。注意してください。

クレンジング剤で、顔をマッサージしない事

フェイシャル・マッサージについては、たまにクレンジング剤を用いてクレンジングしたついでに、マッサージをする人がいます。でもこれは、やめたほうが良いでしょう。

クレンジング剤は、メイクアップ用の化粧を落とす物です。なので予想以上に、強力に皮脂を取り除いてしまうことが多いです。
もしも毎日、そのようなクレンジング剤で顔をマッサージしてしまうと、肌はどんどん乾燥してゆくでしょう。

過度の脂性肌の人なら、そんなに悪くないと思います。けれど乾燥肌の人や敏感肌の人は、クレンジング剤で顔をマッサージするのをやめましょう

乾燥肌の場合

乾燥肌の人が一番気をつけなければならないのは、肌の水分を保つことです。また、皮脂をしっかりと残すことも大切です。
クレンジング剤で強くこすりすぎたり、必要以上に皮脂を取り除くような強力なクレンジング剤を使うと、皮脂のバリア機能が失われます。そうなると、肌が直接空気にさらされて乾燥しやすくなります。

肌に優しいクレンジング剤を選びましょう

どれだけ頑張って「お肌の手入れ」をしても、「肌の汚れ」が落ちていなければ、スキンケアの効果が上がりません。
特に夏では温度や湿度が上昇して、汗・皮脂の分泌が活発になります。ベタベタした肌はホコリなどが付着しやすくて、毛穴を詰まらせてしまいます。ニキビが出来やすくなったりします。
スキンケアの効果を得るためにも、クレンジングをして「肌の汚れ」を落としましょう。

ところでクレンジング剤には、オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプなど、いくつかのタイプがあります。
肌に対する負担を考えると、クリームタイプや乳液状になった物がおすすめです。
オイルタイプのクレンジングも良さそうに思えますが、オイルは予想以上に肌に負担が掛かるようです。

また、クレンジング剤には、洗い流すタイプと拭き取るタイプがあります。
拭き取るタイプの物は刺激が強い物があったりして、肌の弱い方には余計な負担を掛けることになります。なので洗い流すタイプの物を、選ぶと良いでしょう。

クレンジング不要という意見もあります

肌のケア方法について色々と調べていたところ、約38度の「お湯」で油脂を落とせることを知りました。よって、シンプルなメイクだったなら「お湯」で洗い流せる、つまりクレンジング剤は不要という意見もあるようです。

私は今のところ「がっつりメイク」ではないため、お肌に負担を与えないようにクレンジングを使わないようにしました。使うのをやめてしばらくしたら、肌の調子が「いい感じ」になった気がします。

クレンジング剤を使う・使わない、どちらの場合でも、適切に肌の手入れをすることで肌トラブルがなくなれば、メイクのノリもだいぶ違うようです。お肌の感じも前より明るくなるし、肌に自信も出てきて毎日楽しいです。ずっと日々の肌のケアを継続していきます。



タイトルとURLをコピーしました