便利な生活家電・洗濯機

人気がある生活家電の一つ・洗濯機

近年、最新機能を搭載した生活家電の人気が高まっています。売れ筋の生活家電には、ドラム式洗濯機や自動的にフィルターを掃除するエアコン、サイクロン式の掃除機などが挙げられます。
特に、洗濯機やエアコンの最新機能に注目が集まっているようです。利用者の満足度も高いとされています。毎日使う物だから、「より一層の便利さ」が求められている家電なのかもしれません。

各家電メーカーにとっても、このような生活家電は利益率が高いと言われています。パソコンを始めとするデジタル家電よりも、生活家電のほうが稼げる商品になっているようです。
ただし稼げる商品なので、競争も激しいようです。その競争によって、利用者の満足度が高い物が作り出されてゆく、という事が期待されています。

多機能になっている洗濯機

洗濯機近年の洗濯機は、衣類に合った洗い方を選べるなど多機能になっています。乾燥機能も、当たり前のように付いています。

また、昔の物に比べて大容量化されており、一度にたくさんの衣服を洗えます。ただしいくら大容量と言っても、容量以上の洗濯物を入れたら効率良く洗えません。ついたくさんの衣類を入れてしまいがちですが、入れ過ぎには注意しましょう。
洗濯機の容量については、例えば子供ができた時の事を考えるなら、7キロから8キロの物を購入しておくほうが良い、と思います。容量が大きくなっても、「洗濯機自体の大きさ」はそれほど変わらないです。

除菌機能

日常生活では、除菌を意識する場面がよくあります。除菌という目的を達成させるために、除菌グッズなどの健康用品を活用している方がいるでしょう。そんな除菌は、健康用品だけの機能ではありません。例えば生活家電の洗濯機においても、除菌に関する機能が搭載されていたりします。

例えばシャープの洗濯機の中には、プラズマクラスターによる「洗濯物の除菌」や「消臭」という機能を搭載しているものがあります。衣類などの洗濯物は、身につけたり体の周辺にあったりする物だと思います。特に衣類などは、洗濯する際に除菌もできたら、とても嬉しいと思います。

洗濯機を選ぶ際、本来の洗濯機能が充実している物を選ぶと思います。その際、さらに「除菌」や「消臭」という機能にも注目して選んでみるのも良い、と思います。

節電

洗濯機の中には、省エネ化節電を意識した物があったりします。例えばインバーター制御されている洗濯機なら、電気の消費量を抑える事ができます。もしも「洗濯機の買い替え」を検討しているなら、省エネタイプの物を選ぶのも良いでしょう。

洗濯という家事で節電したい場合、洗濯物を「ある程度まとめて洗う」ほうが電気の節約を期待できます。ただし洗濯機の許容量を超える洗濯物だと、かえって余計な電気を使ってしまうでしょう。洗濯機の最大許容量あたりで、まとめて洗濯するようにしましょう。
あと、天気のいい日では、洗濯物を外で干しましょう。そうすれば、乾燥に使う電気を節約できます。

洗濯を始めとする毎日の家事では、電気エネルギーを消費していると言えます。1回ごとの消費エネルギーは、わずかだと思います。ですが1年間、3年間、10年間という期間で考えると、かなりのエネルギーを消費していると言えます(かなりの電気料金を支払っている、と言えます)。
もしも省エネタイプの洗濯機を使うようにしたなら、小さなことですが、節電に繋がると思います。

節水

自宅における水の使用量を考えると、実は、洗濯機による洗濯が意外と水を消費する、と指摘されています。
それでは、洗濯において節水する方法にはどんな方法があるでしょうか。一つの方法として、風呂の残り湯を使って洗濯をする、という方法があります。実際のところ、この方法は有効です。

他にも、洗濯で節水する方法があります。それは、最新の「節水型の洗濯機」を使用する事です。特に溜めすすぎ方式の洗濯機なら、かなり水の消費量を節約できます。
例えば掃除においても、水を出しっ放しで掃除するよりも、バケツに水を汲んでおいて掃除するほうが水を使いません。洗濯機でも同様です。注水すすぎ方式よりも溜めすすぎ方式の洗濯機のほうが節水できる、と言えます。

洗濯する際に役立つ表示事項

衣服には、「洗濯の仕方」や「組成繊維の名称」などが表示されています。これらは、家庭用品品質表示法によって決められた表示事項です。
この表示事項は、家庭で洗濯をする際に役立つ情報が表示されています。衣服を長持ちさせるためにも、表示事項を活用してください。

家庭洗濯などの取り扱い方法

「家庭洗濯などの取り扱い方法」は、一般的に衣料に縫い付けられています。
洗濯方法の表示では、洗濯機で洗濯可能か、それとも手洗いのみ可能か、などが示されています。
他にも「水洗い」の可否、塩素漂白の可否、ドライクリーニングの可否、アイロンのかけ方などが表示されています。
なお、靴下などの「水洗い」が当たり前となっている物では、表示はありません。

組成繊維の名称・混用率

例えば「綿100%」などの表示があります。

気をつけたい洗濯トラブル

衣類の洗濯には、思わぬトラブルが起きたりします。洗濯する前に確認できる事は確認しておきましょう。

よくある洗濯トラブルの一つに、衣類のポケットの中に何か物を入れたまま洗濯してしまった、というトラブルがあります。私もずいぶん前の事になりますが、ポケットティッシュを入れたまま洗濯機で洗濯してしまいました。
他の人から聞いた話によると、電車の定期券を入れたまま洗濯してしまった方もいました。近年では、小型のスマートフォン端末をポケットに入れたまま洗濯してしまった、なんていうトラブルもありそうな気がします。基本的な事になりますが、衣類を洗濯する前にポケットの中を確認しましょう

あと、衣類に特殊なボタンが付いていたり、装飾品が付いていたりするなら、取り外しておきましょう。洗濯した後に見当たらない、衣類からボタンが外れていたという事もあるからです。
特に個性的なデザインで特別な加工を施してある衣類などは、洗濯に対してデリケートと言えます。もしも自分で洗濯できない場合は、クリーニング店で洗濯してもらうほうが無難でしょう。