日本人の体に合っている、浄水器を通した水

水を飲むなら、ミネラルウォーター

おいしい水

美味しい水のイメージ画像

近年、飲み水については、水道水からミネラルウォーターに移行してきています。都会を始め、ある程度の規模の田舎においても、そのまま水道水を飲むという習慣がなくなってきているようです。

コンビニやスーパーなどで、美味しい飲み水としてミネラルウォーターを購入することが増えてきています。
または浄水器を利用して、綺麗な水にしている家庭もあるでしょう。

一般的に、日本の水は軟水が多いと言えます。そういう状況のため、水道水だけでは健康に必要なミネラル成分を十分に摂取できない、という指摘もあるようです。

ミネラルが残ったままの「浄水器の水」

一例になりますが、慢性疲労を防ぐ方法の一つに、体に良い水をしっかりと取り入れる事があります。なぜなら人の体の約60%が、水で出来ているからです。そして水は、老廃物を尿や汗として排泄してくれるからです。

なお、日本人の体には、やっぱり日本の水が一番合います。硬度の違う外国の水よりも、日本の水が良いです。例えば水道水から汚染物質を取り除き、

ミネラルを残す浄水器を通した水が、日本人の体に合っています。

日本の水道水は、そのまま飲めるくらい綺麗な水です。ですが毎日飲む水に対して、「こだわり」を持つ人が増えてきました。水の代わりにミネラルウォーターを飲んでいる人が増えてきました。これは、健康に関心を持つ人が近年増えてきた事も影響しているようです。

※なお、市販のミネラルウォーターには、最初からミネラル成分が豊富に含まれています。よって市販のミネラルウォーターのほうが、浄水器を通した水道水よりも、やはり健康的な水と言えるでしょう。

昔と比べて、とても普及した浄水器

日本で浄水器が発売された当初、あんまり売れないだろうと言われたりしました。なぜなら当時においても、日本の水道水は綺麗で安全と言われていたからです。

ですが100%安全かと言われたら、そうでもなかったようです。たびたび水道水の安全性について疑問や批判がありました。そういう状況のためか、「浄水器の売り上げ」が徐々に増えてゆきました。そして現在では、

多くの家庭の台所で、浄水器を見るようになりました。

ちなみに浄水器と呼ばれる物には、多数の種類があります。活性炭を使用しただけというシンプルなタイプの物から、ほぼ全ての有害物質を取り除いてしまうという高機能なタイプの物まで、実に様々な浄水器が販売されています。

高機能な物ほど、価格も高額になってゆきます。しかし、長期にわたって毎日使用することを考えると、お得な買い物と言えるでしょう。例えば、毎日コンビニでペットボトル入りのミネラルウォーターを買っている人なら、浄水器のほうがトータルコストにおいて安いと思います。