健康に大切な水分補給

健康に大切な水分補給

水人は一日に、おおよそ2リットルほどの水分を取っていると言われています。このくらいの量の水を、補給する必要があります。
水分を補給することは、とても大切なことです。なぜなら人間の体は、およそ60%が水分でできているからです。
人間は水分を補給して、汗や尿を排出します。そして再び水分を補給しています。つまり体内で水を循環させることで体の健康を維持しています。その水分は、体の細胞へ酸素や栄養素を届ける役割も果たしています。

また、血液成分の約60%は液体成分です。そのため水分が不足すると血液の粘性が増して、「血液の流れ」が悪くなってしまいます。「血液の流れ」が悪くなると、細胞へ酸素や栄養素を届ける働きが弱まります。その結果、体の調子が悪くなったりします。

実際に体の水分が不足して脱水状態になると、血液の粘性が増して血管がつまりやすくなります。普段から脳梗塞の予防に気をつけている人は、特に水分補給を心がけてください。水分補給は、脳梗塞の予防や再発の防止にも良いとされています。

病気の予防

水分を補給することは、病気にかかりにくい健康な体を作るという予防医学の実践方法としても、重要です。
水分については、一日に約1.5から2リットルほど必要だと言われています。水分は、食事から取ることができます。なので飲料としては、1リットルほど取れば問題ないでしょう。

健康維持や美容のために、毎日意識して水を飲んでいる人がいます。積極的に水分を取ることは、便秘の解消や、老廃物を効率良く排出すること、血液をサラサラにすること、肌を美しく保つことに良い方法と言えます。

私事になりますが、暑い日など汗をかくのがちょっと嫌だと思い、わざとを水分を控えていたことがありました。しかし必要以上に水分を控えることは、体に悪いそうです。夏バテ防止のための生活習慣として、適切に水を飲むほうが良いという指摘もあります。しっかりと水分を補給して、しっかりと汗をかき、お風呂に入ったりシャワーをしたりして汗を流しましょう。面倒かもしれませんが、そうするほうが健康に良いと言えます。

おすすめできない飲み物

水分補給は、お茶やコーヒーなどからもできます。だけど効率良く体に水分を補給するためには、水を飲むほうが効果的です。水分補給が目的の場合、コーヒーを飲まないようにしてください。
また、カロリーのあるジュースやスポーツ飲料も、あまりおすすめできません。積極的にジュースを飲んだら、太ってしまう可能性があります。摂取する飲み物の種類には、気をつけてください。

水を飲むタイミング

日常生活において、こまめに水を飲むことは体に良いことと言えます。例え運動をしていなくても、水は体の中からどんどん失われてゆきます。なので喉が渇いたと感じる前に、定期的に水を飲むのは体に良いです。

水を飲むタイミングについては、朝起きた時夜寝る前運動した後に飲むと良い、とされています。
水の量については、コップ1杯分の量で良いでしょう。

運動した後に水を飲むことは理解できる、だけど眠る前に飲むことはよくわからない、そういう方がいるかもしれません。
実は人は、寝ているだけでも汗をかくと言われています。さらに汗と一緒に、体の中の老廃物を出しています。以上の事より、睡眠中でも体の中から水分が失われてゆきます。よって夜眠る前と朝起きた時に、水分補給すると体に良いです。水は、体を構成する重要な成分と言えます。意識して水分を補給してください。

また、年齢を重ねてゆくと、「喉の渇き」を感じにくくなってきます。その場合、喉が渇いたから水を飲むということでは、水分を充分に補給できません。普段から、こまめに水分を取ることを習慣にしてください。もしも、どうしても水ばかり飲むのは嫌だという方は、温めの「お茶」を飲んだりしてください。