冬の寒さ対策におすすめ「着る毛布」

寒さ対策

寒い寒い冬の季節、やはり「寒さ」を我慢できません。なので一日中、エアコンで暖房している事が多いです。暖房エアコンやストーブという暖房器具を使う事は、有効的な寒さ対策と言えます。

その他の対策としては、使い捨てカイロを利用したり、加湿器を使って体感温度を上げたりする方法があります。もしも冷たい布団で足が冷えるなら、「湯たんぽ」を活用すると良いです。
ちなみに私は足先が冷たくて困っている時、靴下を2枚重ねにして履いています。わずかだけど、足があったかくなったと思います。

あと、窓ガラスからの冷気を遮断する事も、寒さ対策に有効です。2重窓にすると良いのですが、リフォームできないという方もいるでしょう。そんな時は、断熱カーテンを取り付けてみましょう。結構な防寒効果を得られる、と思います。
様々な寒さ対策があるので、まずは実行できそうな方法から試してみましょう。

ところで防寒対策と言ったら、やはり体に着る物で対策する事が基本でしょう。暖房器具だけに頼るのではなくて、セーターなどの服をもう一枚余分に着ると良いです。
近年では、家の中でもマフラーやコートを着ている人が見られるようになりました。実際のところ家の中でも、外出用の防寒服を着ても良いと言えます。

自分自身が暖かい「着る毛布」

もしも自分一人で家にいる時なら、部屋全体を暖めるよりも

自分の周りだけ暖めれば、暖房の効率が一番良いと言えます。

ブランケットを着ている女性確かに一人で部屋にいる時は、自分だけを暖かくすれば問題なしと言えます。もしも防寒服である毛皮を持っているなら、部屋の中で着用すれば部屋を暖房する必要はない、と言えます。

そのような発想から、着る毛布という製品が登場しています。
毛布を部屋着として着こなすという発想は、それまでの私にはなかったです。見た感じ、とでも「あったかそう」なので、後日ショッピングサイトで探してみようと思いました。

そしてその後しばらくして、通販サイトで商品レビューや口コミを読んで良さそうだと思ったので、「青色の着る毛布」を購入しました。冬の間ずっと着ていました。体が暖かくて、良かったです。