サイト制作の技術を評価、Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験の資格

Webクリエイター能力認定試験の資格は、2001年に開始された資格です。サーティファイ認定試験事務局が主催する民間資格です。
HTMLの記述この認定試験では、Webページを制作するためのHTMLファイルのコーディング能力を始め、基本的なデザインやWebサイトを構築する技術が試されます。
試験は、初級と上級の2つに分かれています。どの級からでも受験できます。受験資格についても、特に制限はありません。※試験内容については、最新の情報をご確認ください。

Webクリエイター能力認定試験の初級で試される能力は、ツールを使用せずに標準的なWebページを作成できる能力、仕様書に基づいて素材やテキストをレイアウトして、見た目が良くて操作もしやすいWebサイトを作る能力です。

上級で出てくる問題には、フォームの定義、フレームの認定、オブジェクトの埋め込み問題などがあります。クライアントの意図を理解して、快適なWebサイトを作り上げる能力を試されます。
どちらの級においても、HTMLについての知識を整理して、実践に役立つ技術を確認するような出題内容となっています。

Webクリエイターの就職先としては、Web制作会社やデザイン関係の事務所などがあります。または、スクールのインストラクターとして働いている人もいます。
実際のところ、Webクリエイター能力認定試験などの資格を持たない人でも、Webクリエイターとして就職している人がいます。しかし、スキルアップのために資格の取得を目指す人、将来フリーで仕事をしたいと考えている人が、この資格の取得を目指しています。

資格の学習方法については、スクールに通って講座を受講する方法が手堅いと言えます。その他の学習方法では、参考書や過去問題集を使って独学で学ぶ方法があります。実際に独学で合格した人もいます。

読みやすいサイトがいいです

ちなみに個人的には、おしゃれなWebサイトよりも、文字が読みやすい・見やすいWebサイトのほうが好きです。
クリエイターの人たちはデザインセンスがあるので、見た目が洗練された素敵なサイトを作る能力がある、と思います。その能力を生かしつつ、デザインの良さに加えて見やすいサイトを作っていただけたらと思います。
特に文字が小さすぎるサイトは、読みにくいです。レイアウトがやや不格好でも大きな文字を用いたサイトのほうが、読みやすくて見やすいと思います。