「インテリア家具選び」で確認する事

インテリア家具を購入する際の確認点

確認項目の一覧ここでは、インテリア家具を購入する時の確認点について、ご紹介したいと思います。
実際に家具を購入する際に、気をつけて欲しい点があります。気をつける点や事前に知っておきたい事を、以下に書きます。

部屋自体のコンセプトを決める事

「どんな部屋にしたいのか?」「どういう雰囲気にしたいのか?」
このようなコンセプトを決めて、それに合う形でインテリア家具を決めましょう。

部屋の寸法を測る事

インテリア家具を購入する際、絶対に重視する事は部屋の寸法です。
どんなに気に入った家具でも、部屋に入らなければ無意味です。部屋の寸法を理解してから、家具を購入するようにしましょう。

間取り図を理解する事

サイズ的に部屋に収まる家具を見つけても、無理して家具を配置したために違和感を覚えるような配置になると、せっかくの家具も台無しになります。
なので間取り図を頭に入れて、家具を選ぶようにしてください。

搬入経路を確認する事

家具を購入して搬入してもらう際、マンションのエレベーターや家の階段などを通れないと問題です。もしも吊り上げなどをして窓から搬入すると、別途費用がかかる場合もあります。搬入経路を考えつつ、家具を購入してください。

予算を決める事

例えば激安で販売されているインテリア家具は、金銭面で凄く魅力的です。だけど激安セールなのに、当初の予算を超えた、高額な家具を買ってしまったという話を聞きます。高額な家具は、値引きされていても高額だからです。
きちんと予算を守って、購入するようにしましょう。

メジャーを持っていく事

実店舗で家具を購入する際は、必ずメジャーを持っていくことをおすすめします。
一応、店には、いくつかのメジャーが用意されていると思います。しかし大勢の「お客様」がいる場合、メジャーが使用中だったりして貸してもらえない場合があります。

通販の家具も検討する事

今では、様々なインテリア家具を取り扱っているネット通販サイトがあります。大人っぽいデザインのソファや、モダンデザインっぽいTVラックなどを、ネット通販で購入できたりします。

例えば仕事や家事に忙しい方は、ネット通販の利用を検討してみましょう。インテリア家具の通販サイトでは、テイストや使用用途に合わせた家具をわかりやすく紹介したりしています。
よく紹介されているテイストには、アジアン系を始め、モダンやナチュラル系もあります。それらのテイストを持っている家具、例えばダイニングテーブルからテレビ台まで同じテイストの物が揃って紹介されています。

家具の写真を見ているだけでも楽しいでしょう。もしも気に入った家具があったら、ウェブサイトから注文できます。すぐに購入できる点も魅力と言えます。

がっかりした、通販で購入したインテリア家具

通販には、安くて良い物がいっぱいあります。だけど通販で家具を購入する際、イメージ通りの物を買えなかった人もいる、と聞きます。現物を見ずに家具を買うのは、ちょっと難しいかもしれません。
ここでは、インテリア家具の通販で「がっかりした」という感想を、参考にご紹介したいと思います。なお、この感想は、ある人が体験した一つの例です。個人的な感想となります。

カタログと違っていて、がっかり

通販カタログに掲載されているインテリア家具って、可愛い物がいっぱいありますが、紙面では確認できない事が多いです。「手触り」とか、「引き出しの中の感じ」とか……。

知り合いが、通販でドレッサーを買ったのですが、やけに薄いベニヤ板でした。そういうのを見てしまうと、品質は大丈夫かなぁって心配になります。

がっかりした女性正直なところ、今まで通販で買った家具類に対しては、あんまり良い印象がありません。
実際に収納できるスペースがカタログの寸法よりも狭かったり、「棚や引き出し」の作りが雑だったりして、がっかりした経験があります。
これから通販でインテリア家具を買おうと思っている方は、過剰な期待をしないほうが良いと思います。

だけど、この感想は個人的な意見(主観)です。中には「ちゃんとした作りの家具」も、あるはずです。よく検討して購入することを、おすすめします。

そこそこの品質で、がっかり

通販などで売っている物は、家具に限らず、小物とかも値段相応の物だと思います。写真などで見てしまうと高品質に見えてしまうのですが、過剰な期待をしないほうがいいです。
でももちろん、写真と同じデザインの家具が送られてきます。それなりに「お金」を出せば、それなりに良い家具が手に入ります。

以前に通販で、ベッドとスチールラックを購入したことがありました。値段相応の品質であり、ちょっと後悔をしてしまいました。でも、ここ何年か使うだけだと思ったので、我慢して使っています。せっかく「お金」を出して買ったから、使わないのは嫌だったからです。

特に家具という製品は、長く使いたい物だと思います。飽きの来ないデザインで、長持ちする品質の家具を買いたい場合、実店舗で現物を見て納得してから買うほうが安心できると思います。

ベットが高すぎて、がっかり

私は以前に、通販で「組み立て式の2段ベッド」を買ったことがありました。
現物を見て、自分が思っていたよりもサイズが大きくて(特に「高さ」が高すぎて)、びっくりしました。
そして2段目で寝てみたのですが、部屋の天井が近すぎて圧迫感を感じて、落ち着いて眠ることができませんでした。結局、2段目のベッドで眠ることをやめました。

今回購入した2段ベッドの製品には、品質などにおいて問題はありませんでした。実際のベットの「大きさ」を想像できなかった私に落ち度がある、と言えます。

ですがインテリア家具の通販においては、このような期待外れな事が起きる場合があるということを、ぜひ知っておいてください。そうすれば、家具の通販で「がっかりすること」もなくなると思います。

インテリア家具の通販製品について、色々と文句を言いましたが、通販の家具には安くて良い物がたくさんあります。例えば私は以前に、会社の会議室でよく見かける「横に長い会議テーブル」を、お得な価格で購入できました。
通販で、安くて良い家具をぜひ見つけてください。お得に買い物できたら、きっと嬉しい気分になれるでしょう。

「インテリア家具選び」で大切な事・統一感

インテリア家具を選ぶ際、大事な点は「統一感があること」だと思います。
まずは、どのような部屋にしたいのか?というコンセプトを、しっかりと決めると良いです。
例えば、色のトーンや素材について、統一感を出すと良いです。自分が決めた統一感を基準にして家具を選ぶと、自然と「まとまった感じになる」と思います。

たくさんの家具で決める・部屋の統一感

統一感ある部屋なお、統一感は、様々な家具を置くことで出すことができます。一つの家具だけでは、部屋全体の雰囲気を決めることはできません。

次のような様々な家具、
ダイニングルームのテーブルやイス、
リビングルームのソファ、
タンスや書棚、キャビネットやクローゼットなどの収納家具、
ベッドなど、
それらの家具を置くことで、部屋全体の雰囲気や印象が決まることになります。

例えば家具のショールームに行くと、たくさんの家具が並んでいます。通販の商品写真でも、複数の家具が揃っている写真があったりします。
メインのインテリア家具に対しても、それ単品ではなくて、統一感がある複数のインテリア製品と一緒に置いてあったりします。単品の家具ではなくて、様々な家具を置くことで、部屋全体の雰囲気を演出できます。

家具を買い足す際の確認点

以下に、新しい家具を追加で買う場合の確認点を、ご紹介します。

  • 部屋全体の色や雰囲気との統一感を、大切にすること。
  • いま持っている家具の傾向を、しっかりと理解すること。
  • 今回買う家具の配置を決めること。
  • 今回買う家具の用途を決めること。

このような点を抑えると、部屋に対して程良く統一感を出せます。うまくコーディネートできるでしょう。

なお、大型の家具を購入する際、思わぬ失敗をする可能性があります。販売店の店員さんと相談できるなら、しっかりと相談して家具を選んでください。心配な方は、プロのインテリアコーディネーターなどに相談してみると、いいかもしれません。