目の紫外線対策ができる「ワイドレンズのサングラス」

春が過ぎて夏に向かう5月頃は、紫外線が気になる時期です。この時期から、帽子や日傘などで紫外線対策をしている人の姿を、見かける事が多くなります。

外出する際は、帽子を被り、長袖のシャツを着て、手袋をして、さらにサングラスを掛けると良いです。だけど、ここまでするのは、なかなか大変かもしれません。

ところで紫外線対策と言ったら、肌を守る対策というイメージがあります。ですが実は、目の紫外線対策も大切です。なぜなら、紫外線は疲れ目の原因の一つだからです。

実際のところ紫外線は、「目の周り」そして「目そのもの」にも直接降り注いでいます。あまりにも強い紫外線を裸眼で受けることは、目にとって良い事とは言えません。紫外線から目をガードするためにサングラスを掛けて、目を保護しましょう。

サングラスをかける事

目の紫外線対策として用いられるアイテムと言ったら、サングラスです。紫外線防止レンズ(UVカット)のサングラスを掛ける事は、実際に目の紫外線対策になります。

例えば、夏場の紫外線の強い時期や、「紫外線の照り返し」のあるスキー場のような場所に行く時には、紫外線をカットする効果があるサングラスを使用して、目を守るようにしたほうが良いです。

ちなみに、ただの真っ黒な色のサングラスは疲れ目対策になりません。むしろ逆効果と言えます。レンズが暗いほど瞳孔が開き、紫外線が水晶体まで入ってくる確率を高めるからです。
紫外線防止タイプのレンズを使っているかどうか、確認しておきましょう。

サングラス目を守るために紫外線対策用のサングラスを使う時、目尻まで覆うワイドレンズの物を選ぶと良いです。
なぜなら顔とレンズの隙間から入り込んでくる紫外線を、きちんと防いでくれるからです。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム