基本的に乾拭きする事、畳の掃除

和室の掃除

和室という部屋は、掃除の仕方が少し難しいと言われています。「畳や障子、ふすま」があるので、洋室よりも気をつけて掃除する事になるからです。

和室の掃除では洗剤を使わずに、酢を使って掃除するほうが良いと言われています。水に酢を加えて、その中に雑巾を浸します。雑巾を充分に硬く絞った状態で、拭きます。酢によって、「黒ずみ」が取れる事を期待できます。

畳掃除の仕方

畳の掃除では、

まずは掃除機をかけます。そして、乾拭きします(水分がほとんどない状態の雑巾で、拭いていきます)。

畳実は、畳は「水拭き厳禁」です。なぜなら畳には、表面を保護するための白土が塗られているからです。

畳を水拭きすると、それがはがれてしまいます。
畳には白い粉のような物が付着しており、これは「色あせ」を防ぐバリアみたいな物です。この粉を水で拭き取ってしまうと、畳にとっては良くない事と言えます。

なお、畳に「黄ばみの汚れ」がある場合では、先程の酢を混ぜた水で掃除します。しっかりと絞った雑巾で拭く事になります。

ガムが「くっついた場合」

畳に「こびりついたガム」を掃除する際、アイロンを使うと「うまく掃除できる事」があります。畳の「シミ落とし」の裏技として、ちょっと覚えておきましょう。
掃除の仕方は、以下のようになります。

  • シンナー(またはベンジン)を、布に染み込ませます。
  • その布で、そっと「こびりついたガム」を拭き取ります。
  • ガムが畳の目に入り込んでいたら、そこに布を置いて上からアイロンを掛けます。
  • ガムが柔らかくなって取りやすくなったら、ガムを取り除きます。
    そして、乾拭きします。

繰り返しになりますが、畳の掃除で覚えておいて欲しい点は、汚れを落とす以外は「基本的に乾拭きする」という事です。ガムを始め、カビの汚れについても、水で拭いてはいけません。