「いびき」をかきやすい、顎が小さい女性

「いびき」と「顎(あご)」の大きさには関係がある、と言われています。

顎が小さいほど「いびき」をかきやすい、という指摘があります。

いびきをかく女性近年「いびき」をかく女性が増えてきている、と言われています。これは、顎が小さい女性が増えてきたためと言われています。
なぜ顎が小さくなったかと言うと、近年の食生活の変化が原因のようです。

それでは顎が小さくなると、なぜ「いびき」をかくようになるのでしょう。それは舌が顎に収まらず、気道のほうに落ちているからだそうです。
舌が気道のほうに落ちてゆけば、その分、気道が狭くなります。すると空気が気道を通る際に抵抗を受けて、その抵抗が「いびき」という症状を引き起こします。

近年、顎が小さい事・小顔である事が良いと、女性たちの間で言われていました。ですが「いびき」をかきやすくなってしまう点には、注意が必要です。健康を維持しつつ、見た目の「美しさ」を実現するようにしてゆきたいです(健康と美容のバランスを取る事は難しいですが、なんとかバランスを取ってゆきたいです)。

いびき対策しましょう

男女問わず誰でも、「いびき」を防止したいと思っているでしょう。そういう状況よりネット通販などで、いびき防止の枕を始め、いびき解消グッズが人気だそうです。特に女性から注目を浴びているグッズは、グーミンやマウスピース、クリップやリングなどです。

「いびき」の防止グッズを使って、「いびき」を改善することは健康上良い事です。ですが、あくまでも改善であり、治療ではありません。
改善した結果、ほとんど「いびき」を解消できればいいですが、それでもダメな場合は治療するということになります。治療で人気がある方法は、レーザー治療などの手術です。

治療や手術をするには、病院で診察を受ける必要があります。最寄りの専門医に出向いてみて治療方法や費用などを確認してから、治療を開始すると良いでしょう。
専門医で治療することは、いびき防止グッズと比べてみると料金は高くなってしまいます。しかし、それは仕方ないことと割り切って、早く治すためと思って検討してみましょう。

「いびき」を甘く見ないで適切に対策をして、健康を守りましょう。「いびき」が「きっかけ」で、体調不良にならないように心掛けてください。

健康器具
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム