幼い子供でも遊べる、安全な「木製の積み木」

安全な木製の「おもちゃ」

木製の積み木木製の「おもちゃ」の場合、例え幼い子供が口の中に含んでも無害と言えます。
もしかしたら、有害物質が塗料に含まれている可能性もあります。ですが安全性に配慮した商品なら、塗料も無害な物を使っていると言えます。

金属製やプラスティックの「おもちゃ」の場合、危険と言えます。特に子供が毒性のある金属の「おもちゃ」を飲み込んでしまった場合、かなり危険な状態になる可能性があります。

兄弟や姉妹に「おもちゃ」を投げつけた場合も、金属製の物は危ないです。やはり木の「おもちゃ」のほうが、安全でしょう。投げられた木の「おもちゃ」が体に当たれば、確かに痛いです。だけど、大怪我する可能性は低いでしょう。

幼い子供に対しては、安全で体に優しい木の「おもちゃ」を選ぶようにしましょう。

小さな子供さんにとって、木の「おもちゃ」が一番安全だと思うからです。

安全性に配慮された木製の積み木などは、幼い子供が「積み木遊び」をしていても怪我をすることはほとんどないでしょう。そして木には、金属やプラスチックにはない「温もり」があります。なので感覚的にも、子供と相性が良い素材だと思います。

自然塗料も安全

子供、特に赤ちゃんは、必ずと言っていいくらいに手にした「おもちゃ」を口に持っていきます。なので、積み木を始めとする木から作った幼児玩具の塗料について、その安全性を確認しておく必要があります。

子供用の木の「おもちゃ」の塗料として避けたい物には、化学薬品(「ヤニ止め」や「防虫・防腐のための薬品」)や漂白剤などがあります。これらの塗料を使った「おもちゃ」は、直接ニオイを嗅ぐと薬品のニオイがします。

一方、子供が舐めても安全とされている木の「おもちゃ」の塗料は、大きく分けて2種類あります。「自然オイル」と「自然ワックス」です。
「自然オイル」とは、木の実や植物から採取した物です。「自然ワックス」とは、樹液から摂取した物や昆虫の分泌物です。

これらの自然塗料は、子供の口に入っても安全と言えます。

なので、自然塗料を用いた木の「おもちゃ」を選ぶようにしましょう。

温もりある「木製の積み木」

安全な木の「おもちゃ」の一つに、積み木があります。積み木では、その名が示すように、木の素材がよく使われています。

木の素材が持っている「温もり」や「手触りの良さ」は、幼児や赤ちゃんにとって心地良い

と言えるでしょう。
特に赤ちゃんは、初めて手にした物を口に持っていきます。赤ちゃんは自分の唇と舌で、初めての物を確認するからです。物を触った時の「感触」や「香り」などが、物に対する経験となります。

さらに、「物が持っている重さ」も学んでゆきます。「このくらいの大きさの物は、このくらいの重さだろう」という感じで、物の大きさに対する重さを感じ取ってゆきます。
物の重量感は遊びに対して、「手応え」や「実感」を与えてくれます。「重さ」という点でも、積み木やブロックは程良い遊び道具と言えます。

少し、形が変わります

日本は湿気が多い地域なので、どんな積み木でも必ず伸縮するでしょう。よって多少の形の変化は、不良品ではありません。仕方のないことと言えます。
出来る限り伸縮の少ない木であり、しっかり乾燥させてある積み木が、より良い積み木と言えます。

ところで木の「おもちゃ」にとっては、北欧のブナの木が良いと言われています。
その他にも、ヒバ・スギ・ヒノキ・カバなど、様々な木材から「おもちゃ」が作られています。

長く使える木の「おもちゃ」が欲しい場合は、職人さんが作った物で、数年かけて乾燥させた物が良いでしょう。値段は高いかもしれませんが、納得できる物だと思います。

オークヴィレッジの積み木

「オークヴィレッジ」社の「寄せ木の積み木」という物があります(2009年当時)。
この積み木は、ナラ・トチ・ヒノキ・カエデ・ホオなど、何種類もの木や無垢材から構成されています。そして、その木の区別がつくように、木材の名前の烙印が「それぞれの積み木」に押されています。

この積み木のコンセプトは、オイルや塗料を使用しないことで、木が持っている本来の「木目・香り」を感じられるようにする事ということです。

商品開発の「きっかけ」は、希少価値の高い木、家具などに使用できなくなった小さい木を、「おもちゃ」として有効利用しようという事だそうです。