「専門性や気配り」が求められる、医療事務の仕事内容

医療事務の仕事内容

医療事務の基本業務は、受付で患者さんのカルテを出したり、お会計をしたりすることです。その他にはレセプト業務や医療秘書も、医療事務の重要な仕事となります。
※仕事内容の詳細は、各医療機関にてご確認ください。

レセプト業務

医療事務の仕事には受付と会計の他に、治療代を保険組合に請求するという仕事があります。それは医療事務が担当する業務の一つであり、レセプト業務と言われるものです。レセプト業務では、診察代や治療代を保険組合に請求する仕事を行ないます。

私たちは病院にかかると、診察代や治療代を病院に支払います。しかしその金額は、治療代の全額ではありません。自己負担でない金額については、患者が加入している保険組合が支払うことになります。

医療事務の業務では、月末になると診療報酬明細書を作成します。この明細書には、患者さんが1ヶ月間において、「どのような診療」を受けて「どのような処置」をされたか、まとめて記載されています。この明細書が、いわゆるレセプトと呼ばれている物です。

近年では、パソコンを使って明細書を作成できるそうです。しかしそれでも、手間が掛かる業務だそうです。

もしも入力ミスがあった場合、審査支払機関からレセプトが戻ってきます。なのでミスしないように、十分に気をつける必要があります。
レセプトが戻ってくる事、つまり返戻(へんれい)が起きた場合、その分、病院の収入に損失が出てしまいます。なのでレセプトの返戻は、医療事務の方々が最もやってはいけない事の一つ、と言われています。
レセプトの記載ミスを見抜く場合、病気に対しての知識が必要です。この病気には、この薬が使われるなど、治療に対する知識があるほうが記載ミスを見抜けるからです。

なお、レセプト業務では作成期間が決まっているそうです。例えば、10日間で必ず終わらせる必要があったりします。そのため総合病院のような大きな病院では、レセプト作成期間の間だけ、スタッフを増やしたりする病院もあるそうです。

レセプト業務は医療事務の業務において、かなりの根気が必要であり、専門性も求められます。とても大事な仕事と言えます。

医療秘書の業務

医療事務が担当する業務の一つに、医療秘書の業務があります。

医療秘書の仕事は、医師や看護師をサポートする事です。
医師や看護師は、現場で患者さんの診察業務をするだけでなくて、学会に参加したり会議を開いたりしています。医療の新しい知識を身につける必要が、あるからです。
医療秘書は、学会や会議のスケジュール管理、会議の準備などを行ないます。

よく使う道具

医療事務の仕事で、よく使う道具と言われている物に「付箋」「電卓」「のり」があります。

「付箋」は貼ったり剥がしたりできるので、ちょっとしたメモをするのに便利です。
使い方としては、検査日が近い患者さんの印としてカルテに貼ったり、どのような症状で患者さんが来たのか、わかるようにメモを書いてカルテに貼ったりして、使用されているようです。
なお、付箋については病院が備品として購入しますが、よくMRさんがくれたりするそうです。

次に「電卓」については、例えば院内処方で「お薬」を渡しているクリニックでは、会計の仕事で電卓をよく使うそうです。普段の薬価の計算を始め、ご夫婦で診察された時、会計を一緒にしたりする際の計算などで、電卓が使用されています。

最後に「のり」については、カルテに検査結果や書類などを貼る時に、使用されています。

その他の道具には、ボールペンもよく使う道具と言えます。受付や薬局などで紙にメモする時、使われています。ポケットの中には、常にペンが入っているそうです。

女性からの人気が高い仕事

医療事務員この医療事務という仕事は、特に女性からの人気が高いと言われています。求人数も安定しており、今も、そしてこれからも安定して働ける仕事と言えます。

特に今後は、日本は高齢化社会になってゆくと予想されています。なので医療業界の仕事である医療事務は、ますますニーズが高まっていくと言われています。

医療事務の仕事は、細やかな「気配り」や「対応」を求められる仕事と言えます。
女性が多く活躍している仕事なので、女性ならではの人間関係の問題が多いそうです。
また、「独りでも気にならない」という一匹狼タイプの人が、働けるような職種ではありません。医師や看護師、周りのスタッフが医療を円滑に進めるために、コミュニケーション能力が重要です。

資格取得

「医療事務の仕事をやってみたいけれど、まずどうすれば良いか?わからない」。
そのような方は、例えば医療事務の資格取得を目指してみるのも良いでしょう。資格の業界においても、医療事務は常に注目されている資格です。やる気さえあれば、きっとどなたでも医療事務の資格を学べるチャンスがある、と思います。

私たちの日常生活と医療業界は、密接な関係があります。なぜなら日々元気で健康的に生活を送るためには、医療が必要だからです。そんな必要とされる仕事の医療事務に興味があるなら、ぜひ医療事務の仕事を目指してください。