「ムダ毛の悩み」で一番多い、脇毛の悩み

ムダ毛を処理したい場所・脇

夏の季節がやって来ると、体のムダ毛が気になってきます。水着になったり、露出の多いファッションを楽しんだりするために、夏になる前にムダ毛対策をしておきましょう。

特に脇の下については、頻繁にムダ毛の処理をしたい場所です。なのでコスト面を考えると、経済的なカミソリでの剃毛(ていもう)を選ぶ人が多いかもしれません。

カミソリで脇毛を処理する場合は、石鹸などで「肌の滑り」を良くしてください。そして複雑な「毛の流れ」を見極めて、「毛の流れ」に沿ってカミソリを動かしましょう。

脇毛の処理後については、清潔に保つことに気をつけてください。

ワキガの原因・脇毛

ところで脇毛が生えていると、ワキガの原因にもなるそうです。脇毛を「こまめに剃ること」で、ある程度のワキガを抑えられると言われています。
脇毛を処理することで通気性が良くなり、ニオイがこもらなくなります。だから肌の露出が少ない冬でも、脇毛を剃っておくように心掛けましょう。

あと、脇毛を抜くとワキガになるという話があるそうですが、それは違うようです。
ただし脇毛を抜くことは、危険なケースもあります。抜くよりも剃ったほうがいいです。

一番の悩み・脇毛の処理

お肌つるつる女性女性の「ムダ毛の悩み」で一番多い事と言えば、やはり「脇に関する悩み」だと思います。肌の露出をする前に(夏が来る前に)やっておきたいと思うでしょう。

短い周期で「カミソリ」を使って剃ったり、「毛抜き」で抜いたりしていると、その部分の肌が鶏の皮の様にポツポツになることがあります。
または色素が沈着してしまい、肌が黒ずんでしまったり、再び生えてきた毛が皮膚の中に埋没してしまったりすることもあります。

以上のような肌のトラブルが起きるため、女性が脇の処理を行なうことは本当に面倒であり、大変と言えます。

脇毛の肌トラブル

最近では冬でも、女性はノースリーブの「おしゃれを楽しむ」ようになってきました。そのため、脇の下のムダ毛処理は、夏だけでなくて冬も行なう必要が出てきました。

脇の下のムダ毛については見た目の問題もありますが、汗のニオイを抑えるためにも処理したほうが良いそうです。
しかし一年中こまめに処理することは、それだけ肌に負担を与えていることになります。脇の下は汗などの湿気がこもりやすくて、傷ついた肌はトラブルが起きがちです。

脇の下のムダ毛を、「毛抜き」で抜く人が多いようです。そのするほうが、脱毛の効果が長持ちするからです。それに脇の下は他の部位に比べて範囲が狭いことから、毛を抜く手間も少ないです。そういうことより、「毛抜き」で処理してしまうようです。

しかし「毛抜き」で抜くと、

鳥肌のように毛穴がブツブツと盛り上がったり、毛穴が炎症を起こしたりします。

色素が沈着して、脇の下が黒ずんでくることもあるそうです。

脇毛の肌トラブル改善法

ここでは脇毛の肌トラブルの改善法を、ご紹介したいと思います。
始めは、脇毛を「カミソリ」で剃ったり、「毛抜き」で抜いたりする場合についてです。

何もしないで直接剃ったり抜いたりすることは、肌や毛根を傷めてしまう原因になります。傷めないようにするための方法としては、「蒸しタオル」や「お湯」を使って脇を温めます皮膚や毛を柔らかくすると良いです。
なお、脇を温めた後で抜いたり剃ったりする場合では、石鹸ではなくてシェービングフォームを利用して処理するほうが良いでしょう。

処理をした後では、クールダウンさせるローションや抑毛ローションを使って、皮膚と毛穴をケアしましょう。肌が敏感になっているため、バイ菌が入りやすい状態と言えます。出来ればきちんと洗浄しておきましょう。

専門医による脇毛の脱毛

体の中でムダ毛と言えば、やっぱり脇毛だと思う人が多いと思います。
脇毛を自分で処理していると、毛の断面が濃くなって太く見えたり、カミソリで剃った後が黒くなってしまったりします。「毛抜き」を使って抜いたら、次に生えて来た毛が皮膚の中に埋没してしまったり、ということもあるそうです。

このような肌トラブルが起こるなど、脇毛の自己処理は面倒と言えます。なので、専門医による脱毛を検討する人が多いそうです。
もしも可能なら、自己処理するのではなくて、専門医に脱毛をしてもらうほうが良いでしょう。ただし、それなりの費用は掛かります。

ところでモデルさんの腕や脚は、つるつるしています。「モデルさん」や「女優さん」たちは自己処理ではなくて、専門医で永久脱毛をしている人が多いのかもしれません。

脇の脱毛方法では、レーザー治療が「おすすめ」という声が聞かれます。レーザー脱毛は、半永久的に脱毛ができると言われています。早くて安くて痛くない、そして永久的に毛が生えてこない、このように言われています。

レーザー脱毛

一般的に脇の処理には、カミソリ・毛抜き・レーザー脱毛が使用されています。

脇の下の皮膚は、薄くて弱いです。そのため脇毛を剃る際にカミソリを使う場合、肌がカミソリ負けしてしまうでしょう。肌への負担を考えると、脱毛クリームがおすすめです。ただし効果が長持ちしないため(すぐに毛が生えてくるため)手間が掛かります。
脇毛を抜く場合では、「毛抜き」を使うよりも脱毛器を使うほうが肌に優しいと言われています。

以上のように考えると、やはり「レーザー脱毛が一番良い」と言えるでしょう。

家庭用レーザー脱毛器の使用

確かに、レーザー治療による永久脱毛は良い方法です。だけれど、やはり費用が高額になりがちで実施できないという方もいるでしょう。

そんな場合は、家庭用レーザー脱毛器を使ってみましょう。家庭用のレーザー脱毛器なら、2万円から3万円くらいで購入できる物があります。今では身近な物となっており、家電量販店の美容家電コーナーなどで、手軽に購入できます。
脱毛の効果については、個人差があるようです。毛が薄くなったという人もいれば、処理後3日で再び生えてきたという人もいました。肌が弱い人では「肌荒れ」が起きた、という声もありました。
レーザー脱毛器の種類は、色々とあります。自分が納得できる機器を選びましょう。

始める時期

脇のムダ毛を処理したい場合、大体2週間くらい前からしておいたほうが良いです。
レーザー脱毛の場合、レーザーを当てて1週間から2週間ほど経つと、ムダ毛が1度抜け落ちる状態になるでしょう。そのあたりの時期が、水着を着るなどのタイミングになります。

頻度

脱毛する周期については、脱毛方法・脱毛する場所によって違ってきます。
レーザーを使用して脇を処理する場合では、毛の生えて来る周期に合わせて処理を行ないます。例えば1ヵ月から2ヵ月に1回程度で、1年から2年くらい繰り返して行ないます。

ちなみに周期や頻度に関しては、個人差があります。よって、何ヶ月おきに何回処理すれば脱毛が完了するということを、一律には言えません。
ご自身の毛の周期に合わせて、定期的に毛の処理をすることによって、ムダ毛のない綺麗な肌を保てるでしょう。

薄着になる前に、脇毛を処理しましょう

女性モデル

脇のムダ毛処理をして綺麗に

脇が見えるのは夏物の服を着る季節、つまり春から夏にかけてだと思います。この季節きちんとボディケアをして、気になるムダ毛を脱毛しておきましょう。

なお最近では、冬でもノースリーブを着たり、スポーツジムやプールに行って水着を着る機会があったりします。夏に限らず、年中肌を露出することが増えてきました。

肌を出す機会が増えたということは、それだけムダ毛処理を頻繁に行なう必要が出てきたということになります。
しかし「あるアンケート」によると、冬などの露出度が少ない季節では、「ムダ毛を生やしっぱなし」という女性も結構いるようです。ですが女性のエチケットとしては、やはりこまめに「お手入れ」したほうが良いでしょう。

脱毛
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム