もしかして痛い?レーシック手術中の心配事

レーシック手術中の「痛み」について

レーシック手術を受けようかどうかと迷っている人にとって、不安に感じる事には、どのような事があるでしょうか?

まず心配になる事と言えば、手術や手術後に「痛み」があるかどうか、ということでしょう。
目については少しゴミが入っただけでも、「結構な痛み」があります。なので、手術となると「痛いのでは?」と不安に感じると思います。

ほっと安心な女性

「痛み」がなくて安心

レーシック手術の際は、術前に目薬のような形の麻酔を行ないます。よって「痛み」を感じることはない、ということです。
ただし、ちょっと気持ちが悪いかもしれません。触られたり押されたりする感じは、わかるそうです。

また、手術後の「痛み」については、麻酔が切れた際に沁みるような感じや、コンタクトを入れているような異物感を感じることがあるようです。その度合いには個人差がある、ということです。
違和感がある場合でも、処方された目薬などで「痛み」を軽減できます。1日もすれば状態は落ち着く、とされています。

手術失敗の心配は、ほとんどありません

その他に、心配になる事は何があるでしょうか?
目にメスを入れたりレーザーを当てたりすると聞けば、当然「怖い気持ち」が先立ち、

「もしも失敗したら、どうなるんだろう?」

「見えなくなったりするんじゃ?」

 

と、不安になることもあると思います。

アメリカで成功例の実績

レーシック手術が施されるようになってから今日までの間、手術の失敗によって失明したという報告は一例もない、と言われています。
※念のため医療関係のニュースなどで、最新の情報をご確認ください。過去の裁判例なども参考にしてください。

新しい治療法ですが、本場と言われているアメリカでは、すでに100万人以上の人がレーシック手術を受けています。それで失敗による失明がないという事です。よって基本的に心配はないでしょう。

眼球の内部を手術しません

レーシックは角膜に施す手術であり、眼球の内部を触ることはないため、失明することは通常では考えられない、ということです。なので、失明の心配をされている方に対して「大丈夫です」と言っても良いそうです。

角膜に当てるレーザーも、角膜の内部までは入り込まず、角膜に吸収されます。なので、心配はありません。

地震災害の時、レーザー照射を停止

万が一手術中に、地震災害のようなトラブルが起こった場合には、レーザーの照射が止まります。誤作動を起こすようなことはない仕組みになっているようです。

傷跡も見えません

あと、手術の傷跡について、心配な方もいるかと思います。

レーシックの手術では、フラップと呼ばれているフタを角膜を削って作ります。このフラップの跡は残ったとしても「とても微細な物」であり、「顕微鏡で見ないとわからない程度の物」ということです。よって、心配はないでしょう。

以上より、確かに心配はないのですが、レーシック手術を受ける場合は、信頼できる医療機関を選ぶようにしましょう。そして多くの手術経験を積んだドクターに任せるのが、安心と言えます。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム