浄水器の間違った噂話

たびたび浄水器の機能について、というかデマのような話を聞いたりします。過去には、活性炭入りの浄水器は「水の中の放射性物質を除去できるらしい」という噂話が、ありました。

私は、浄水器や放射性物質に関して専門的な知識を持っていませんが、活性炭入りの浄水器を使って、放射性物質を除去できるとは思えません。そしてメーカーからの説明においても、浄水器は想定外の放射性物質を除去できない、と言っています。

確かに活性炭には、「放射性物質の一つ」とされている「ヨウ素」を吸着する性質があるそうです。ですが一般的な浄水器は、やはり想定外の放射性物質には対応していない器具と言えます。

パニックから、噂が作られます

パニック状態の人

パニック状態の人・イメージ画像

水は人々の命を支えるのに必須な飲み物であり、安全な水が手に入らない状況下では、人々はパニック状態になります。

地震などの自然災害が起きて水の供給がストップした際、人々は水を求めて半分パニック状態になります。
コンビニやスーパーのミネラルウォーターは、買い占められて売り切れとなります。水という商品がなくなり、例え大金があっても水が買えない状況になります。

日本における普段の日常生活では、あまりにも快適に水が手に入ります。そんな幸せな環境なので、突然「水を入手できなくなる」と、びっくりして不安になります。そして、どうしたらいいのか?わからなくなってしまいます。