昔は「神聖な儀式」だった大掃除

大掃除の思い出

大掃除の思い出と言えば、普段は家の事を何もしない父親が率先して色々な所を掃除して、私たち子供も家中拭きまくっていた、という思い出があります。

「面倒だな~」と子供心に思いつつも、掃除を終えた我が家で新年を迎えるのは気分が良かったです。だけど大人になってからは「年越し」で旅行が多くなり、大掃除の習慣はいつの間にかなくなりました。

でも結婚してからは、育児に追われてまともに掃除をできない分、年末に追われるようにして大掃除をしていました。
寒い中やるから、夫が「ひどい風邪」を引くことが何度もありました。

「何でこんな寒い時に、大掃除しなきゃいけないんだろうね」

「ゴールデンウィークあたりにやるのが、一番効率いいよね」

 

そんな会話を2度ほど交わしてからは、

「年末の大掃除は、やめ~」

 

になってしまいました。
でも実際のところ、ゴールデンウィークになると別の事で忙しくて、大掃除は後回しになり、また年末になってしまいました(笑)。

大掃除の目的

そもそも大掃除というのは、年末にいつもよりたくさんの場所を掃除する事を言います。その目的は、

「一年分の汚れ」を取ることで「新鮮な気持ち」で新年を迎えるため、ということです。

もしも普段からこまめに掃除していれば、ある程度の「汚れ」は取れているはずです。よっていつもより特別に、手間を掛けて掃除する必要はないはずです。普通に掃除して「年越しそば」を食べれば、「新年を迎えます~」という気分になれるでしょう。

とは言え、大晦日前の住宅街などで見かけた家族総出での大掃除といった風景が見られなくなって行くのは、少し寂しい気もします。
今年は、どこか普段やらないような場所を、「重箱の隅をつつくような感じ」でちょこっと掃除してから、新年を迎えてみようと思っています。

「神聖な儀式」だった大掃除

今と昔では、大掃除の意義が違います。

昔は、「大掃除 = 神聖な儀式」でした。

大掃除することは、単に自分たちの住居を清潔にするという意味だけでなく、神様を「お迎えする」という「大事な意味合い」を持っていたからです。

今ではそういう儀式的な風習は、ほとんど見当たりません。しかし一部の地域では、宗教的・風水的な意味で、大掃除をしている家庭があるようです。
大掃除は「神様への身だしなみ」であるという概念が、意義として残っている訳です。

起源の行事は「すす払い」

大掃除の起源と言われている行事は、「煤払い(すすはらい)」と呼ばれている行事です。日本古来の年中行事だったと言われています。ただし行なう時期については、12月13日に行なう事が通例だったそうです。「煤払い」という呼び方になっていますが、その内容は大掃除でした。

大掃除の起源の「煤払い」には、家中にある煤を払い、場を清めるという意義がありました。
大掃除することで、新年の安泰、特に五穀豊穣を神様に願い、農作物がよく取れるように神様に祈りました。そのため、大掃除に使用される掃除道具は神聖な物として扱われていたそうです。

今の大掃除の意義は、清潔な家で新年を迎えたい、ということだと思います。
家の中が汚れたままで新しい年を迎えることは、何となく落ち着かないものです。
清潔な家には、きっと幸運がやって来ると思います。そう信じてみましょう。掃除する良い「きっかけ」になると思います。

ちなみに大掃除に関する風習では、掃除を行なわない老人や子供、病人は、外出したり掃除をしない部屋に退避したりしました。これは彼ら(彼女ら)が、掃除の際に出てしまうホコリを、吸い込まないようにするためだったのでしょう。ちなみに「この風習」は、現代の大掃除でも残っています。

儀式から習慣になった大掃除

年末、一般的には12月28日あたりに行なわれる大掛かりな掃除の事を大掃除と言います。
この大掃除には、歳神を迎えるための準備という意味もあるそうです。なので単なる掃除ではなくて、一種の儀式と言えます。

家に限らず、例えば学校においても大掃除と呼ばれている掃除があります。「夏休み」や「冬休み」という「休み」に入る前に行なう掃除の事を、大掃除と言います。この掃除も、学校生活に区切りを付ける行事と言えるでしょう。

掃除の中でも、年に一度の大掃除は大掛かりな作業となるでしょう。大掃除の際は大きな家具など、重い物を移動させて掃除する事になります。肉体労働が求められる作業となります。

近年では便利な掃除グッズが多数ありますが、大掃除では道具だけでなく人手がいります。人手がいるという事は、大掃除の「日取り」や「手順」について、きちんと決めておく事が必要です。
大型家具の移動など、肉体労働はやはり「お父さん」など男性を頼りたいところです。なので「お父さん」の都合が良い日に、大掃除をする事になるでしょう。

もしも家族だけで出来ないという状況なら、掃除のプロである業者に仕事を依頼しても良いです。クリーニング・サービスや町の便利屋さんと言われている業者なら、掃除業務を行なっていると思います。

一年間経てば、「汚れ」が溜まります。新年を迎える前に「汚れ」を落として綺麗にする事は、精神的にも良いと言えます。心を元気にするためにも、大掃除する事はいい事と言えそうです。
昔から続いている大掃除という習慣を、今一度見直してみましょう。

大掃除する女性

せっかく大掃除するのなら、中途半端に行なわず、徹底的に綺麗にしたいです。今では便利な掃除グッズが、たくさんあります。それらの道具を活用して行ないたいです。

大掃除は、日本における一つの伝統行事と言えます。毎日過ごしている家に感謝をこめて、しっかりと掃除しましょう

年末のうちに掃除を終わらせて、さわやかに新年を迎えましょう。