美しくなりたいと願う人たちを応援するエステティシャン

エステティシャンの仕事

エステティシャンの仕事は、

カウンセリング・フェイシャル・ボディケア・脱毛の4つ

に分けられます。サロンによって、これらを全て行なう施設もあれば、一つだけを行なう施設もあるなど、エステの内容は違います。

仕事の一つであるカウンセリングでは、お客様の肌の状態や、普段どんな「お手入れ」をしているのかについて、聞きます。それから、どのようなエステティックを行なうか、決めることになります。
きちんと「お客様の話」を聞いて、お客様が安心して任せられるようにカウンセリングすることが大切です。

フェイシャルでは、肌の調子を整える美肌のためのスキンケアと、小顔にすることを目的とした痩身系のスキンケアの2つに分けられます。
美肌のためのスキンケアでは、フェイシャル・トリートメントを行ないます。「お肌の汚れ」を、丁寧に取り除きます。マッサージを行ない、肌の血行を良くします。

ボディケアでは、全身の肌のマッサージやパックを行ないます。
こちらは、痩身が主な目的となります。そして美肌の効果も期待できます。
マッサージの施術により発汗作用を良くして、体の老廃物を出します。
マッサージでは、リンパ系の知識などがあると、より効果的に施術できるでしょう。

美容面から、多くの人たちを支援する技術者

エステティシャン「エステティシャンとは?」

そう質問されたら、多くの人たちは
「美しくなりたい女性たちを支援する技術者」
そんな風に答えるかもしれません。
※なお近年では、美しくなりたい男性たちの支援も行なっています。

美しくなりたいと決断する時期は、その人において「とても重要な時」だったりします。
例えば、結婚式などです。そんな人生における大切な時期に、美容面から「お手伝いできるエステティシャン」は、なかなか素敵な職業だと思いました。

エステティシャンは、人が美しくなることを「お手伝いできる技術者」と言えます。そんなエステティシャンになるには、どのような勉強が必要なのでしょうか?

医者とは違いますが、人の身体にかかわる仕事なので、人体の構造や精神面に関する知識が必要になります。
特に皮膚については、詳しい知識を求められます。皮膚に直接つける化粧品に関する知識や、エステを施すための道具について、充分な知識が必要です。

施術においては、エステに関する様々な知識を丁寧に「お客様に伝える事」で、お客様を安心させる事も必要でしょう。安心感を与える事は、お客様を癒す事に繋がります。

覚える事も多くて大変な職業かもしれません。だけど、「やりがい」のある仕事と言えます。
人が、どんどん美しくなってゆく様を見届けられる事は、エステティシャン冥利に尽きると言えます。