美しくなりたいと願う人を応援するエステティシャン

エステティシャンの仕事

エステティシャンの仕事は、

カウンセリング、フェイシャル、ボディケア、脱毛の4つ

に分けられます。サロンによって、これらを全て行なう施設もあれば、一つだけを行なう施設もあるなど、エステの内容は違います。

仕事の一つであるカウンセリングでは、お客様の肌の状態や、普段どんな「お手入れ」をしているのかについて、聞きます。それから、どのようなエステティックを行なうか、決めることになります。
きちんと「お客様の話」を聞いて、お客様が安心して任せられるようにカウンセリングすることが大切です。

フェイシャルでは、肌の調子を整える美肌のためのスキンケアと、小顔にすることを目的とした痩身系のスキンケアの2つに分けられます。
美肌のためのスキンケアでは、フェイシャル・トリートメントを行ないます。「お肌の汚れ」を、丁寧に取り除きます。マッサージを行ない、肌の血行を良くします。

ボディケアでは、全身の肌のマッサージやパックを行ないます。
こちらは、痩身が主な目的となります。そして美肌の効果も期待できます。
マッサージの施術により発汗作用を良くして、体の老廃物を出します。
マッサージでは、リンパ系の知識などがあると、より効果的に施術できるでしょう。

美容面から、多くの人たちを支援する技術者

エステティシャン「エステティシャンとは?」

そう質問されたら、多くの人たちは
「美しくなりたい女性たちを支援する技術者」
そんな風に答えるかもしれません。
※なお近年では、美しくなりたい男性たちの支援も行なっています。

美しくなりたいと決断する時期は、その人において「とても重要な時」だったりします。
例えば、結婚式などです。そんな人生における大切な時期に、美容面から「お手伝いできるエステティシャン」は、なかなか素敵な職業だと思いました。

エステティシャンは、人が美しくなることを「お手伝いできる技術者」と言えます。そんなエステティシャンになるには、どのような勉強が必要なのでしょうか?

医者とは違いますが、人の身体にかかわる仕事なので、人体の構造や精神面に関する知識が必要になります。
特に皮膚については、詳しい知識を求められます。皮膚に直接つける化粧品に関する知識や、エステを施すための道具について、充分な知識が必要です。

施術においては、エステに関する様々な知識を丁寧に「お客様に伝える事」で、お客様を安心させる事も必要でしょう。安心感を与える事は、お客様を癒す事に繋がります。

覚える事も多くて大変な職業かもしれません。だけど、「やりがい」のある仕事と言えます。
人が、どんどん美しくなってゆく様を見届けられる事は、エステティシャン冥利に尽きると言えます。

エステティシャンになるには

エステティシャン女性の感性を活用した仕事の一つに、エステティシャンがあります。
このエステティシャンになるためには、国家試験などの特別な試験は必要ありません。

しかしエステの仕事では、人の体に直接触れるので、やはりきちんと勉強しておく必要があります。

エステについて勉強できる専門学校や、エステのコースがある養成学校で学びましょう。

エステティック専門店に勤めてからも、そのサロン独自の研修を受けたりして、しっかり知識と技術を身に付けましょう。

エステティック・スクール

近年ビジネスとして、エステを学ぶ女性が増加していると聞きます。
例えばミスパリ エステティックスクールでは、一流のエステティシャンになるためのコースを選べます。総合コースからプロ講師養成まで、様々あります(2007年当時)。
期間については、1年間または短期間から選択できます。これなら都合に合わせて、資格の取得を目指せるでしょう。

総合コースでは、日本エステティック協会の認定エステティシャン受験資格や認定脱毛エステティシャンの受験資格を取得できます。

1年間スクールに通うコースでは、エステティック・マスターコースもあります。
このコースは、エステティック・エレガンスを学ぶためのコースです。上級テクニックと理論、介護知識を学びます。プロの講師を育てるコースになります。
ホームヘルバー2級の資格を取得できます。そして、介護予防エステティシャン受験資格とソワンエステティック協会認定講師の受験資格も、得ることができます。

短期コースでは、次のようなコースがあります(6ヶ月からの短期コース)。
認定エステティシャンコース、通信教育コース、
認定脱毛エステティシャンコース、リフレクソロジーコース、
アロマテラピーコース。
通信教育も用意されているということです。

ミスパリは、卒業後の就職サポートシステムも充実しています。ミスパリスタッフサービスにより、全国で正社員として就労可能な就職先をサポートしてくれるそうです。

なおミスパリでは、全国で展開しているスクールで随時、学校説明会を実施しているということです。
※各コースについてなど、内容が変更されている可能性があります。最新の情報を、ご確認ください。

エステティシャンの資格

現場で実績を積んだ後に、民間資格である「認定エステティシャン」を取得しましょう。
そして、さらに国際資格である「CIDESCOインターナショナル・エステティシャン」を取得すれば、日本だけでなくて海外でも活躍できることになります。

「認定エステティシャン」とは、日本エステティック協会が認定する学校でエステを学び、試験を受けて合格すると取得できる資格です。
または、協会が主催している通信教育を修了して協会の正会員に入会した後に、試験を受けて合格すると取得できます。

「CIDESCOインターナショナル・エステティシャン」とは、国際的なエステティックの団体CIDESCOが認定しているエステティックの資格です。
CIDESCO認定資格者だけを採用しているサロンやホテルも、あるそうです。

これら資格の有無で、収入や将来性が違ってくるそうです。ぜひ資格を取得しておきましょう。

ビジネス
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム