多くの人たちの健康を守る看護師

看護師の仕事

看護師

看護師の仕事は、人々の健康保持のために、臨機応変な対応と柔軟な姿勢が求められる仕事と言えます。

主な仕事内容は、診察や治療、手術の際に医師を補助したり、患者さんの介護をしたり、日常生活をサポートしたりします。
その内容は様々あり、患者の検温、血圧測定、注射、点滴投与、清拭(せいしき)、薬の管理、健康診断、施設内の衛生管理、施設外での診療補助など多岐にわたります。

また、病気のために精神的に不安定になっている患者さんに声掛けをして、心のケアをしたりします。

看護師の仕事は大きい意味で、患者さんが人間らしく生きられるように手助けする仕事と言えます。

ますます広がる仕事の幅

看護師は、病院や診療所などの医療機関で働いているイメージが強いです。
しかしそれ以外にも、看護師が活躍できる場はたくさんあります。看護師の多くは病院で働いていますが、助産院や訪問看護、高齢者の在宅介護でも活躍しています。

高齢化社会を迎え、老人福祉施設で働く看護師も多いです。介護保険が始まってから、高齢者向け社会福祉施設の利用者が増え、施設数も急増しています。そして、高齢者の健康を守るための看護師の必要性が高まっています。

実際のところ、老人や障害者を対象とした社会福祉施設からの需要が増加しています。
特に近年は、自宅で療養する高齢者や障害者を訪問して看護や介護をする在宅ケアの需要が高まってきています。訪問看護師として活躍する人が増えているようです。

看護師が、ケアワーカー・保健師・ホームヘルパーの方たちと協力して、在宅看護サービスに従事しています。このような看護のスタイルも、今では定着しつつあります。

保育所や乳児院も看護師の活躍の場です。保育所は働いている親の子供を預かり、乳児院は親が何らかの理由で育てることができない赤ちゃんを預かります。
未熟児の健康を見守り、怪我や急病の際に適切な処置ができる看護師は大きな存在となります。「子ども」が好きな看護師の方にはぴったりの仕事です。

看護師は、企業、学校、保健所などでも働いています。企業では、労働者やメンタルヘルス不調者の健康管理を行なう産業看護師が活躍しています。
学校では、養護教諭の資格を持つ看護師が採用されています。

また、看護師の経験や知識を活かして、研究機関や海外の医療機関で働く看護師もいます。

このように看護師は、医療から福祉にかけて、多くの人々の健康保持や健康増進に努める役割を担っています。

厳しい仕事

ちなみに、看護師の勤務が厳しいことを聞いたことがあると思います。
看護師の仕事では、仕事に対する情熱はもちろん、体力も求められる仕事です。

確かに、肉体的にも精神的にも厳しい仕事だと思われます。
実際、毎年多くの看護師が仕事を辞めています。
だけど一方で、看護師の仕事に「やりがい」を感じ、看護師としての専門性を高めていく人もいます。

労働環境については少しずつですが、労働条件などは改善されてきているようです。そして近年では、男性が看護師として就職する事例が増えてきているようです。

人生の出来事に立ち会う仕事

看護師という仕事は、「赤ちゃん」から「お年寄り」までの全ての年代の人の健康に関わる仕事です。なので、細やかな観察力と適切な対応が必要とされています。

また、出産や病気、老い、死といった人生の出来事に立ち会う仕事です。
看護師はどんな患者に対しても差別することなく、最善の看護を行なうことになります。