おしゃれなレインコート

レインコート雨が降っている時でも、スカートでパンプスを履いたりという女性は多いでしょう。傘をさして出かけることになると思いますが、その際、洋服が濡れてしまいます。

服が雨で濡れることを防ぐために、おしゃれなレインコートを着ている女性がいます
レディース用のレインコートでは、やはりデザインが重視されると思います。街中で、おしゃれにレインコートを着こなしている人を、以前よりも多く見かけるようになりました。

人気ブランドからも、素敵で「おしゃれなデザイン」のレインコートが登場しています。これなら雨の日でも、おしゃれできると言えます。

「反射材付き」のレインコート

雨の日の夜は、車から見える視界がかなり悪くなります。黒っぽい服を着ている人に、気づかない事もあります。特に、子供が雨の夜に歩いていると危険です。お子さんの安全を守るためにも反射材を利用しましょう。

雨の夜に着るレインコートは、基本的に反射材を使った物になります。反射材があれば、雨の夜でも遠くから光って見えます。なので車の運転者が、前に人がいる事に気づきます。よって、安全対策となります。

もしも今お持ちのレインコートに反射材が付いていなくても、家庭で簡単に取り付けることができます。アイロンで簡単に接着できる物、縫い付ける物があります。
衣類用の反射材には、様々な物があります。色は黄色や赤色、オレンジ色が良いでしょう。形はテープタイプが良いでしょう。

ところで、レインコート全体が蛍光色のほうが安全だと思うかもしれません。確かに、そうかもしれません。しかし全体が蛍光色だと、見た目がキツくなります。明るい日中も着るなら反射材を取り付けるほうが良い、と思います。

ナイロン製のレインコート

ナイロン製のレインコートなら、家で洗濯できます。雨で汚れたレインコートを洗濯して、清潔にできます。
洗濯機マークや手洗いマークが付いているレインコートの場合、家庭で洗えます。
水洗い不可の場合は、浸け込み洗いで洗う事になります。ただし、色落ちしたりするかもしれません。心配ならクリーニング業者に洗ってもらうほうが良いです。

もしも「目立つ汚れ」があるなら、洗濯する前に部分洗い洗剤を付けておきましょう。シミがある部分には、シミ用の部分洗い洗剤や漂白剤を付けておきましょう。このように前もって処置しておけば、「仕上がり」が綺麗になります。

洗濯機で洗う際は、必ず洗濯ネットに入れて洗濯してください。布地の「傷み」や「絡まり」を防ぐためです。手洗いする場合は、優しく押し洗いをしてください。

洗濯後には、撥水剤をスプレーしましょう。こうする事で撥水の効果をアップできます。