タオルケット「今日の疲れ」を明日に残さないためにも、寝具の一つ一つにこだわりたいです。「寝具の肌触り」は、快眠できるかできないかに影響を与えるからです。
「肌触り」の良い寝具の一つに、タオルケットがあります。その素材に「こだわり」を持ちたいなら、綿100%の物をお勧めします。その使い心地・掛け心地は、軽くて心地良いでしょう。
なお、綿100%のタオルケットは、洗濯機で丸洗いできます。よって清潔を保ちやすいと思います。ただし、乾燥機を使う事はできません。注意が必要です。

綿のタオルケットの他にも、色々な素材の物があります。お気に入りの素材のタオルケットを、ぜひ見つけてください。

夏用の寝具

夏用の寝具としては、ひんやりする物が好まれています。夏の季節、よく使われている寝具と言ったら、タオルケットだと思います。例えばタオル地のタオルケットは、その優れた吸湿性である事より好んで使われています。また、タオルケットは自宅の洗濯機で簡単に洗えるので、汗をかきやすい夏でも清潔に保てます。

普段、人は寝ている間に、コップ1杯分くらいの汗をかくと言われています。そして暑い夏の季節では、さらに汗をかいている事が予想されます。その汗を吸い取る寝具として、タオルケットは便利です。よって夏の寝具は、吸放湿性(きゅうほうしつせい)に優れた物を使う必要があります。

私は近年、夏の季節では、大きいタオルケットを掛け布団代わりに使っています。「肌触り」も心地良いので、安眠の助けとなっています。

クール寝具の一つと言えるタオルケット

室温が高い場合で寝苦しいと感じた時、寝具に熱がこもっている事が多いと言われています。体に汗をかいていて、ベタベタした状態になっている時です。
そんな「熱さによる寝苦しさ」を解決するための寝具として、敷きパッドやシーツ、タオルケットが役立ちます。特に、素材や折り方に工夫が凝らされた、吸水速乾性のある物が役立ちます。それらは、クール寝具などと言われている物です。
そのような寝具では、べたつき感がなくて「ひんやりと感じる」ので、「寝苦しさ」を軽減できるそうです。

このような接触冷感を強調している製品の中には、さらに吸汗速乾(きゅうかんそっかん)や消臭という機能も兼ね備えている物があります。これだけの機能が揃っている寝具を使えば、寝苦しい夜に悩まされる事も少なくなるでしょう。

冬でも使えるタオルケット

タオルケットという寝具は、基本的には夏の季節に使う寝具です。ですが寒い冬でも、使い勝手のある物と言えます。例えば寒い冬でも快眠するために、掛布団の下にタオルケットを挟んでみましょう。布団の中が「心地良い暖かさ」になって、よく眠れると思います。

ところでタオルケットの中には、ガーゼ生地のタオルケットがあります。ガーゼを数枚重ねた物なので、程良い通気と保湿効果を持つ寝具と言えます。なので夏は涼しくて冬は暖かいです。一年を通して使える寝具です。
ガーゼ生地なので、その「肌触り」は優しいです。敏感肌の人でも、おそらく問題なく使えるでしょう。