省エネ対応なら賢く節電できる、エアコン電気代の節約法

エアコン家電の電気代は、工夫することでいくらか抑えることができます。使用していない照明のスイッチを切ったり、テレビの主電源を切ったりなど、「小さな事の積み重ね」で効果があります。

家電製品の中で電気を最も使用するのは、電子レンジやエアコンなどの熱を出す家電です。
そんなエアコンについて電気代を節約すると、家電全体の電気代を抑えるのに効果的です。

まずはエアコンを使用する時間を、出来るだけ減らしましょう
ただし熱中症対策をする場合は、遠慮せずにエアコンを使いましょう。

フィルター掃除

エアコンのフィルター掃除を、しっかりとしておきましょう。ホコリが溜まっていると、エアコンの効果が出づらくて、そのうえ電気を無駄に消費するからです(さらにホコリは、故障の原因にもなってしまいます)。

近年、フィルターの掃除を自動的に行なうエアコンが人気を集めています。フィルターを掃除する事は、冷房の効果が悪くなる事を防ぐのに役立ちます。
その他には、エアコンの内部を清潔に保つ自動掃除機能も省エネに役立ちます。こちらの掃除も、冷房効果を維持する事に役立ちます。

これらの点に気を配るだけでも、電気代を「かなり抑えること」ができるでしょう。エアコンに限らず、家電製品自身を掃除する事は、「清潔さ」を保つだけでなくて省エネにも役立つと言えます。定期的に家電製品を掃除しましょう。

省エネ対応のエアコンを選ぶ事

2010年頃の話題になりますが、ネットのニュース記事で「温暖化でも南極の氷が溶けない理由」について、解説していた記事がありました。科学的な説明については忘れてしまいましたが、当時では南極の氷は溶けていなかったそうです(ですが将来、気象条件が変わって、溶けだしてゆくかもしれません)。

温暖化の原因には、太陽の活動が活発になったからという説もあるそうです。だけどもしかしたら、人類のエネルギー消費が原因なのかもしれません。

なお、家庭でのエネルギー消費については、温暖化の原因であるかどうかにかかわらず、出来るだけ節約(省エネ)していくほうが良いでしょう。なぜなら、電気代を安くできるからです。
例えば冷房の際、エアコンの温度を28度に設定するなど、ちょっとの事ですが気遣うと良いでしょう。

近年、省エネやエコと言われていますが、実際のところツラいと感じると続きません。手間や時間が掛かり過ぎる行動は、やはり長続きしません。手間や時間が掛かる行為は、それに対して新たにエネルギーを使ってしまい、結局「省エネにならなかった」という場合もあります。

ラクに続けられる省エネ対策として、初めから省エネルギーの製品を選ぶという方法があります。

エアコンを買い替える際、省エネルギーの製品を選びましょう。

例えば、年間消費電力量が低い数値の物を選んでみましょう。そして、COPというエネルギー消費効率の数値が高い物を選びましょう。省エネの効果(電気代の節約)を期待できる、と思います。

あと、エアコンが必要ない時は使わないようにしておきます。例えば冬の季節なら、室温が20度以上になったら、エアコンの動作が自動的に止まるようにしておけば節電できます。

賢い機能で節電

近年の多機能なエアコンなら、賢く節電しながら動作する機能が付いていると思います。賢い節電機能が付いているなら、それに任せておくほうが気楽で良いです。
エアコンの賢い機能と言えば、自動的にエアコンのフィルターを掃除する機能や、気流を制御する機能などが挙げられます。

気流制御という機能により、例えば気流が天井や壁面の全てを使って広がってくれます。気流が、まるで部屋中を包み込むようになります。この気流により、乾燥を防いだり、寒すぎたり暑すぎたりしないようになります。なので快適に、そして健康的に過ごせるようになります。
また、この気流制御という機能は、エアコンが冷え過ぎて困ったという人にも対応しています。冷え過ぎたりするのを、防いでくれます。防ぐと同時に、人が居る所を見つけ出して、その場所だけ冷やしたりもできます。

以前からのエアコンの問題点として、部屋の温度分布が偏ってしまう点がありました。気流制御という機能により、より効率的に部屋の温度を調整できると期待されています。

タイトルとURLをコピーしました