首などに巻くだけ、クールタオルの使い方

ひんやり気持ちが良いクールタオルを、暑さ対策グッズとして使ってみたいです。
その使い方は、体の部分に巻くだけですか?

クールタオルの使い方は、簡単です。

  1. 水で湿らせて、絞ります。
  2. 首や頭など、熱さを感じるところに巻くだけです。

クールタオルは、冷却効果を期待できるタオルです。
そんなクールタオルを首に巻いて使ったら、顔の周りがひんやりします。

首などに巻くだけ、クールタオルの使い方

クールタオルの使い方を、いま一度、確認しておきたい人がいるかもしれません。
そこでクールタオルの使い方を、ご紹介したいと思います。

クールタオルを濡らして、体の部分に巻くだけ

クールタオルを首に巻く男性
クールタオルを首に巻く男性

クールタオルの使い方は、とても簡単です。

まずは、水で湿らせてから優しく絞ります。
これで準備ができました。

あとは首や頭、腕など、熱さを感じるところに、クールタオルを巻いて使います。

ほとんどの人は、クールタオルを首に巻いています。
このように、体の部分に巻くだけです。

なお、巻いた部分だけでなく、巻いた周りも冷やします。
なので、顔の周りもひんやりして気持ちいいです。

「クールタオルの冷たさ」の持続時間

クールタオルは、普通のタオルよりも冷たさが長持ちします。

目安としては、一度濡らして1時間から4時間ほど、清涼感を感じることができます。

これだけ長持ちすれば、ちょっとした外出時にも重宝しそうです。

なお、クールタオルの冷たさがなくなってきたと感じたら、もう一度、水で濡らしてみてください。

再び、清涼感を感じることができます。

例えば、トイレに行ったついでにクールタオルを水で濡らせば、その後しばらく、冷たい効果を発揮できることになります。

冷蔵庫で、クールタオルを冷やしておく

クールタオルを冷やす際は、水に浸けておくだけでもいいのですが、あらかじめ冷蔵庫に入れておく方が冷たくなります。

実際、冷蔵庫に入れておくと、より冷たく感じられます

そんな冷たいタオルで首を冷やすと、体全体が涼しく感じられます。

クールタオルで、アロマの清涼感を活用する方法

贅沢な「ひんやり体験」を望む方は、アロマテラピーを試してみてはいかがでしょうか。

  1. ボウルや洗面器に、水を入れます。
  2. お好みの精油(エッセンシャルオイル)を、用意します。
    清涼感のあるペパーミントやレモンが、おすすめです。
  3. そのような精油を、水に数滴入れます。
  4. その中にクールタオルを入れて、絞ります。

アロマが染み込んだクールタオルのおかげで、涼しさを体で感じ取れるでしょう。

さらに香りも感じ取れて、リラックスした気分になります。

ただし、精油の入れ過ぎには注意が必要です。

また、柑橘系のオイルには、光毒性(ひかりどくせい)があります。
そのため光に当たると、肌のシミになることがあります。

よって、クールタオルで柑橘系のオイルを使う場合は、なるべく日光に当たらないようにするなど、注意が必要です。

クールタオルのお手入れ方法

クールタオルを使う際、汗をたくさんかくので、細菌が繁殖する可能性が高いです。
よって、クールタオルを毎日使っていると、お手入れの仕方が気になるかもしれません。

  • 洗剤を使って、洗濯機で洗える物。
  • 洗剤を使って洗わないほうが良い物。

クールタオルの中には、以上のような物があります。

基本的には、クールタオルに付属している商品説明書に従って、お手入れすることになります。

商品説明書に従って、洗剤を使って洗えるクールタオルについては、洗剤で洗ってお手入れします。

なお、クールタオルのお手入れは、簡単です。
なので、できるだけこまめに、お手入れすることが大切です。

お手入れして清潔なクールタオル
お手入れして清潔なクールタオルのイメージ画像

洗剤を使わない場合、漂白剤で洗う

洗剤を使える場合はいいのですが、洗剤を使わない場合、クールタオルを頻繁に使うと変なニオイがしてくることがあります。

その場合は、クールタオルを漂白剤で洗います。

  1. 漂白剤の中に短時間、浸します。
  2. タオルをササッと、くぐらせる程度にします。

これで細菌がある程度、除去されて、ニオイも消えます。

ただし、漂白剤で洗う方法には、注意点があります。

クールタオルの素材によっては、漂白剤が適さない場合があります。

クールタオルを漂白剤にササッとくぐらせる程度では、十分な除菌効果を得られない可能性があります。

あと、やっぱり漂白剤を使いたくない場合も、あるでしょう。

そんな時は、クールタオルの使用後すぐに水でよくすすぎ、十分に乾燥させるようにしてください。

アロマ精油を使用する場合、きちんと洗う

クールタオルでアロマ精油を使用する場合、数回使用すると、オイルが酸化したようなニオイがしたりします。注意が必要です。

よって、使用後はきちんと洗うなどして、早めにケアすることが大切です。

洗った後、クールタオルを乾かす

クールタオルを洗った後は、濡れたまま放置せずに、きちんと乾かすことが大切です。

乾燥させた後、丸めて専用ケースに入れておきます。

優れた冷却効果がある、クールタオル

クールタオルを使っている女性

夏になると、クールタオルが話題になります。

このタオルは湿らせて絞り、体に当てることで、涼しさを実感できるという物です。

首に巻いて使うのも良いし、頭に乗せて帽子をかぶるというのも良いです。

クールタオルは通常のタオルとは異なり、ゴムのような触感でありながら、優れた冷却効果を発揮します。

吸水性が高く、速乾性のある物もあります。

クールタオルの種類

クールタオルには、主に以下の種類があります。

  • 冷蔵庫で冷やしてから使う物。
  • 冷蔵庫に入れずに、タオルを水で濡らすだけで使える物。

このような種類があります。

水で濡らすタイプのクールタオルは、水で濡らして絞るだけで使用できます。
首など、熱さを感じる部分にタオルを当てて、ひんやりと冷やせます。

クールタオルの素材

一般的にクールタオルは、通常のタオルとは異なる素材からできています。
例えば、濡れているのに、表面は乾いている感じがします。

また、吸水性が高く、汗を吸い取ってくれます。

クールタオルの素材は、従来の繊維に比べて何倍も水を吸収する、特殊な素材で構成されています。

気化熱の作用による、クールタオルが冷たい理由

タオルは濡れているだけなのに、なぜ冷たく感じるのか、不思議に思ったことはありませんか?

その理由は、クールタオルの構造にあります。

クールタオルには、様々な種類があります。
それらの中で最も一般的な仕組みは、タオルの中に空気の層があることです。

タオルの中に空気が入ると、循環します。
クールタオルは、従来のタオルよりも循環率が高いため、水分の蒸発が早くなります。

水が蒸発する時には、気化熱が放出されます。
気化熱は、蒸発する際に熱を奪う働きをします。

例えば、汗をかいて乾いた時に、涼しさを感じたりします。
これは、気化熱によって、体温が下がっていったと言えます。

したがって、クールタオルが冷たく感じられる主な理由は、その特殊な構造による効率的な水分蒸発と、それに伴う気化熱の作用によるものです。

クールタオルは、単に水を含ませて、冷たさを感じさせるだけのタオルではありません。
気化熱の効果という科学的知見に基づいて開発されたタオルです。

暑さ対策グッズで、使いやすいクールタオル

暑さ対策グッズ
暑さ対策グッズの一つ、クールタオル

特に夏の季節、体を冷やしたいと思うことが多いです。

そんな時、冷水を含ませたタオルなどを用いて、直接、体を冷やすと良いです。

例えば、暑い夏にキッチンで料理する際、冷たいタオルを首に巻いて調理してみると、ちょっと涼しいです。

冷たいタオルを首に巻くという使い方は、手が自由に使えます。
手がふさがっていないのは、とても実用的です。

そう考えると、真夏の暑さ対策グッズの中では、クールタオルが一番使いやすい、と言えます。

熱中症対策のために、クールタオルをぜひ持ち歩いてください。

近年では、クールタオルの機能やデザインは充実しています。
あなたにとって、お気に入りのクールタオルが、きっと見つかると思います。