ノートパソコンを活用できる場所・公衆無線LAN

公衆無線LAN

無料ワイファイ

近年、公衆無線LANと呼ばれている場所が、どんどん増えています。その呼び方には、無線LANスポット・アクセスポイント・ホットスポット・フリースポットなどがあります。

具体的な場所を言えば、ファストフードや飲食店、鉄道の駅や空港などです。これらの場所では、自分が持ってきたノートパソコンやスマートフォンを使用してインターネットに接続できます。

「無線LAN」という言葉に、「公衆」という言葉が付いています。この事からもわかりますが、誰でも使用できる無線LANと言えます。ただし、他の人のノートパソコンやスマートフォンとネットワークで繋がる、という事ではありません。接続先は、インターネットになります。

日本だけでなく海外でも、このような場所があります。よって海外旅行に行った際も、インターネットが可能になります。

なお、無線LANスポットには、無料のサービスと有料のサービスがあります
有料の場合、意外と「お手頃な料金」だったりします。物凄く高額という訳でもないです。なので、外出先でノートパソコンからネットを利用したい人なら、便利に利用できると言えます。使い方にもよりますが、一昔前のデータカードによる通信と比べて「お安くできる場合」もあるようです。

コンビニの無線LANサービス

最近になっても、公衆無線LANがない所もたくさんあります。無線LANスポットは年々増えていますが、全国どこにでもあるというサービスではありません。

ですが近年では、コンビニが無線LANのサービスを提供し始めています。当初は東京23区のコンビニにおいて、実験的なサービス提供でした。ですが今後、全国のコンビニ店舗で使えるようにしてゆくそうです。
コンビニでコーヒーを買って、それを飲みながら無線LAN経由でインターネットを利用する、なんてことが、全国どこでもできるようになりそうです。

ノートパソコンを活用できる場所

公衆無線LANというサービスは、外出先でノートパソコンを使ってインターネットを利用するのに便利です。

今までデスクトップ・パソコンを使っていたユーザーでも、ノートパソコン(モバイルノート)の「持ち運びのしやすさ」には「便利さ」を実感すると思います。手軽に持ち運べる事がわかると、ノートパソコンのファンになっていまう人もいると聞きます。

近年ではカフェや駅、空港や電車の中でも、ノートパソコンから公衆無線LAN経由でネットに接続できるようになっています。外出の多いビジネスマンなら、外出先でもノートパソコンを使いたいという場面があるでしょう。

資料を見るだけなら、スマートフォンなどの携帯端末で充分でしょう。ですが資料を作成する場合は、ノートパソコンのほうが便利という場面も多いと思います。
結構小型のノートパソコンもあります。なので1台持っておくと、ビジネスやプライベートで役立つと思います。
※ビジネスで公衆無線LANを利用する際、セキュリティ対策を行ないつつ、無線LANを利用してください。例えば、大事なデータをやりとりする際は、SSL通信を利用してください。