たくさんの文章を読めて、短時間で理解できる速読

速く文章を読む方法・速読

読書速読法とは効率良く、そして短時間で本を読める方法です。
速読法は、日常で役に立つ技術の一つと言えます。字を丁寧に書ける、編み物を上手に出来るなどと、同じような技術です。

速読法を身に付けることによって、有意義に時間を使えます。
例えば読書をする際、それまで1日に1冊くらいしか読めなかった人が、2冊、3冊と読めるようになります。
また、仕事の資料を読む際も効率良く読む事が出来て、仕事のスピードアップも可能です。

昔からあった方法

速読法は、現代社会になって登場した技術というイメージがあります。話題になったのは、つい最近では?と思ってしまうかもしれません。
しかし実際には、速読法の歴史は結構長いそうです。ただし速読法の歴史については、はっきりとした事はわかっていないようです。

実は速読法という技術は、公式の記録として残されていないようです。おそらく、大昔から行なわれていたと推測されますが、日常生活の中で、個人が発揮する技術だったようです。なので、公式の記録はないみたいです。

速読という技術が実践されていたのは、いつからなのか?
速読の歴史については、よくわからない点が多いです。しかし今から数十年前には、確実に一つの技術として存在していました。速読を教える塾の中には、数十年前から活動している所があったからです。
その当時で、既に速読の「やり方」が確立されていました。なので、さらにその前から速読が行なわれていたと言えるでしょう。

ちなみに速読は、その時代を反映している技術と言えるかもしれません。一昔前の速読と今の速読では、結構違う部分があります。

速読は、その時の時代背景に合わせた技術になってゆくようです。つまり速読という技術は、「時代の流れ」と共に変化しやすい技術と言えます。そして、とても柔軟性を持っている文化とも言えます。

速読のメリット

読書時間の短縮

近年、読書する事が「どんどん少なく」なっています。「活字離れ」が指摘されて久しい現代社会において、読書をする機会は、学生から社会人になるにつれて少なくなっているのが現状です。
実際社会人になると、自由な時間が少なくなります。もしかしたら趣味が読書という人でも、その読書量は学生の頃よりも少なくなるというのが一般的かもしれません。

速読法は、日常生活の限られた時間で、より多くの本を読むために考え出された方法と言えます。一日の時間は、お金持ちでも24時間と決まっています。この24時間を「どのようにして有効に使うか」ということは、人生において大きな影響を与えます。

速読法は、時間の有効利用に役立つ技術と言えます。日常の読書や仕事で資料を読む時などに、時間を有効に使うのに役立つ技術と言えます。

ちなみに速読法は、すぐに身につくスキルではありません。かなりの本を読み、その中で速読の訓練をする事で、少しずつ身についてゆくものです。
手間が掛かるのに、速読法を身につけたいと思う人がいるのは、速読法に「それだけのメリット」があるからです。

一番のメリットと言えば、やはり短時間で本を読める事でしょう。
例として、250ページ程度の文庫本を読む場合を挙げてみます。
これくらいの文量の場合、読み終えるのに、普通の人で大体2時間から3時間くらいは掛かるようです。もしも集中力が続かない場合は、何回か休憩をはさんで読むことになるでしょう。
速読を身に付けた人の場合、速い人では、この文量を30分程度で読み終える事ができるようです。本の内容を理解した上で、30分くらいだそうです。
普通なら2時間ほど掛かる読書を30分で済ませるとなると、これは結構な時間短縮と言えます。

多くの知識を取得できる事

速読のメリットとしては、短時間で本を読めることと関連して、知識量を増やせる事も挙げられます。
通常の「数倍の速さ」で読書できるという事は、通常の数倍の量の本(文章)を読めるという訳です。つまり、それだけの量の知識を得られるという事になります。

本には、様々な知識が詰まっていると言えます。
小説の物語には、そこに潜むテーマがあります。エッセイには、実体験を基にした情報が含まれています。情報誌には、知識として利用できる情報が紹介されています。資料なども同じです。
読書する事は、その本の情報・知識を取り込む事に繋がります。そして本を速く読む事は、それだけ多くの量の知識を素早く手に入れる事になります。

必ずしも知識量と学力は、比例する訳ではありません。しかし知識を知らないよりは知っているほうが、日常生活や仕事で役に立つと言えるでしょう。

手に入れた知識を周りの人に教えてあげれば、周りの人たちに対しても良い影響を与える事になります。他の人の役に立つ人間になれるなら、それもメリットと言えます。

記憶力の向上

速読術については、速く文章を読めるというだけで、読んだ内容は頭に入っていないのでは?という疑問を持っている人もいるそうです。

読んだ内容が頭に入らない事は、読むスピードよりも記憶力の低下が影響している、と思います。ゆっくり読んでも、内容が頭に残らない場合もあるからです。

速読術によって何回も同じ内容を読み返すことは、実は

記憶力の向上に繋がる

と期待できます。
何回も読み直しているうちに、内容が頭に入ってくるようになり、自然と記憶されるようになるからです。

速読術と記憶術は、どちらも技術の一つと言えます。ですが両者の関連性は、特にないでしょう。その内容は、別物と言えます。
ですが速読術を活用することで、しっかり暗記できると思います。覚えたい事を何度も何度も読み直すことで、しっかり記憶できるからです。

集中力の強化

気持ちを整える女性速読のメリットの一つに、集中力を強化できるという点があります。
実は速読は、集中力が一定以上ないと発揮できない能力だからです。速読を身に付けるためには、それだけ集中力を高める必要があります。

様々な事に対して、集中力がある人とない人では、その行動や作業の効率に大きな差が出ると言えます。

その一つの例として、受験勉強などの勉強を挙げることができます。
集中力がない人は時間を無駄に使ってしまい、効率の悪い勉強法になりがちです。勉強開始の30分くらいで集中力が切れてしまい、知識が頭の中に入って来ません。
一方、速読で集中力を鍛えている場合は、1時間から2時間くらいは、しっかりと学習できる可能性があります。

速読をトレーニングする方法

速読の教室

教室速読法を学ぶ上で確実に短時間で学ぶ方法として、速読を取り扱う教室に通う方法があります。
速読の教室は、習い事を学ぶことと同じような感覚です。パソコン教室でパソコンを習うように、速読の教室で速読法を習うことになります。

教室に通うことのメリットは、講師が直接指導してくれるという点です。よって短期間で、速読法を習得できる可能性があります。

また、「自分の気持ち」においても、自宅でトレーニングする場合と教室に通ってトレーニングする場合では、集中力が違います。
自宅だと、なかなか速読のトレーニングを続けられない、という人もいるでしょう。継続して速読を訓練できる環境を作るという意味においても、教室に通う意義は大きいと思います。

ただし速読の教室は、主に都市圏にあるようです。地方には、なかなかありません。
あと、しっかり身に付くまでに、それなりの費用が掛かります。
なので費用と効率を考えた上で、教室に通うかどうかを決めてください。

なお、速読の教室の形式は、セミナー形式・塾形式など、運営している会社によって異なるようです。

ゲームソフト

もう一つ、速読法を学ぶ方法として、ゲームソフトで学ぶ方法があります。
そう言われても、ゲームと速読は「全く関係がない」と思っている方もいるかもしれません。果たしてゲームをして実際に学べるのか、ちょっと疑問に思うかもしれません。
しかし場合によっては、十分に学べると思います。

近年では速読だけでなくて、教育系のゲームソフトが「かなり人気」となっています。そして一般的にゲームソフトのほうが、速読教室の受講料より安いと言えます。
速読法を学ぶ方法には、教室に通学・通信教育・教材の購入などがあります。一般的に速読のゲームソフトは、それらの方法で掛かる費用より安価と言えます。
お金を節約したい人にとっては、速読法を学べるゲームソフトは、良い選択肢だと思います。

例えば脳トレのソフトの中には、速読法も学べるソフトがあります。
例を挙げると、「右脳鍛錬ウノタンDS 七田式 大人の速読トレーニング」「目で右脳を鍛える DS速読法」「目で右脳を鍛える DS速読ジュニア 」などのソフトです。
これらのソフトはゲームを行なうことで、速読法を学べるそうです。昔に比べて、手軽に楽しく速読を学べる世の中になった、と言えます。

速読の活用例

小説を読み返す事

もしも小説で速読をするなら、読み返す時、つまり小説を2回、3回と読み返す際に速読法を利用すると良いです。
既に物語の内容を知っており、何となくもう一度

小説を読み返したくなったという時に、速読はとても役に立ちます。

例えばあの場面の部分を読み返したい、物語の背景を整理したい時など、速読すると良いです。

探偵速読が役立つ小説として、推理小説が挙げられます。
推理小説では、解答編が終盤にあることが多いです。なので解答編の手前で読むのを止めて、速読で「それ以前の文章」を何回か読み返してみましょう。そして何回も、物語の結末(犯人など)を推理してみましょう。

このように小説を繰り返し読んで、自分で解答を推理するのに、速読は役立つと思います。

小説を読むには、不向きな速読

小説を速読したいと思っている人は、多いかもしれません。しかし

一般的な速読法は、小説に向いていないそうです。

そして小説は物語を楽しむ本なので、速読の必要性もあんまりないと言えます。

小説で物語を楽しむためには、どれだけ「その物語に入り込むか」ということが大切です。
主人公に感情移入したり、その舞台となる世界観に浸ったり、小説の中に入り込めるかどうかが、その小説の価値を示すと言っても良いでしょう。

なので無理に速読を行なうと、「小説の面白さ」を半減させてしまう場合があります。
小説については心地良いスピードで読み、文が持つリズムや雰囲気を、じっくりと味わいましょう。
いくら速く読めても「物語の面白さ」が失われてしまうなら、デメリットのほうが大きいでしょう。

デジタル文章の速読

近年では本や新聞を読むよりも、ウェブサイトやスマートフォンの文章を読むことが多いようです。例えば小説においても、スマートフォン向けの小説があったりします。そして知人・友人と連絡する際も、インスタントメッセンジャーのメッセージ文をよく使います。

ところで速読法は、これらのウェブサイトやスマートフォンの「デジタルな文章」にも応用できるでしょうか?
「ウェブサイトの文章」と「本の文章」の違いの一つに、印刷物(紙媒体)と電子物(液晶ディスプレイなどに表示された物)の違いがあります。
また、ウェブサイトでは「横書き」が多くて、新聞などでは「縦書き」が多いという点も違うと言えます。

以上のように異なる点がありますが、基本的に

ウェブサイトやスマートフォンの文章に対しても、速読法を利用できる

と思います。

ただし、パソコンやスマートフォンの画面で読む場合、スクロール機能を上手く利用するなど、読む際に工夫が必要です。

文章を読む方向においても本の場合、通常「右から左に」読み進めますが、ネットの文章の場合、「上から下」「左から右」に読むことになります。この点について、慣れていないと苦労するでしょう。

ブログの記事などで、行間が「かなり広い文章」や、強調するために一部の文字だけ「大きな文字」になっていたりしています。このような文についても、「慣れ」が必要でしょう。

仕事の効率化

仕事ができる人速読法と言えば、本を読むだけの技術と思っている人が多いでしょう。しかし速読法を学ぶことで得た能力は、様々な事に対して活用できます。速読法を応用して利用できる事は、意外とあります。

その一つに、ビジネス関連の事があります。
仕事では、ビジネスの書類を読んだりインターネットで資料を読んだりします。また、自分が書いた書類を添削することもあります。
ビジネス文書をスラスラと読み返すことができたらいいですが、文書を読む事は思ったより時間が掛かる作業と言えます。

このような時に、速読は役に立ちます。普段から速読していると、文字を理解する能力が向上します。よって活字に対する理解力がつくので、ビジネス文書を読んで理解するのも早くなると期待できます。こうなる事は、仕事の効率化にも繋がると言えます。

速く作文する事

さらに速読法を身に付けると、文を書く事も速くなるそうです。文に対する理解力や認識力が、向上しているからです。仕事で書類を作成する場合でも、速読は役に立つと言えます。