アロマテラピー

香水

花粉症を軽減できる、アロマの精油

アロマテラピーによる花粉症対策があります。 「ひどい鼻水」や「鼻詰まり」「くしゃみ」という症状には、ティッシュにユーカリ・ラジアタの精油を付けて吸入してみましょう。 アロマの精油を使えば、花粉症にまつわる不快な症状を軽減できる場合があります。
2021.04.05
香水

集中力をアップさせたいなら、バジルのアロマオイル

バジルの効能は、集中力のアップです。シャキっとするので、朝にはピッタリです。 もしも朝から何もする気が起きない時は、バジルのアロマで気分を向上させてみましょう。
2021.04.05
香水

女性向きのアロマと言える、ゼラニウムの精油

ゼラニウムは、観葉植物として人気があります。葉っぱの香りは、バラの花に近いと言われています。 ゼラニウムの期待できる効能として、殺菌作用やホルモンバランスを整える作用があります。生理の際に起こる女性の体の不調を緩和してくれる、とされています。
2021.04.05
香水

ちょっと珍しいアロマの「お香」グリーンティー

アロマの「お香」で珍しい物に、グリーンティーがあります。お茶屋さんの近くを通った時の「抹茶のような香り」です。 このような「お茶の香り」なら、アロマオイルに馴染みのない男性でも抵抗なく楽しめるでしょう。
2021.04.05
香水

安心感がある、オーガニックのアロマオイル

オーガニックのアロマオイルは、「香り」が澄んでいるという感想があります。 効能については、従来のアロマオイルとほとんど同じです。ですがオーガニックということより、使っていて安心感があります。
2021.04.05
香水

鎮静作用を期待できる、ミントの精油

ミントの効能は、主に鎮静作用です。 ミントのアロマ水を体にシュッと振り掛ければ、気分が落ち着くでしょう。怒りで頭に血が上った時でも、気分を鎮めてくれると思います。
2021.04.05
香水

起源は精油だった、香水がアロマの代わりに使える理由

香水とアロマには深い関係がある、と言えます。なぜなら香水の起源と言われている物は、精油をブレンドした物だったからです。 よって香水は、アロマを代用できる物と言えます。なのでアロマポットで香水を使ったりできます。
2021.04.05
香水

「アロマの香り」で消臭しましょう

植物の香り成分によって、鼻につく悪臭を消せると言えます。 アロマの消臭スプレーを室内や玄関、トイレなどの場所で使うと、心地良い香りが「ふわっ」と広がってゆくでしょう。
2021.04.05
香水

ほっとする香り、和風のアロマオイル

「日本で馴染みの深い香り」は、和風のアロマオイルと言えるでしょう。 例えば「梅の香り」や「柚の香り」「竹の香り」などは、「日本人に馴染みのある香り」と言えます。 アロマオイルを選ぶ際、「和風の香り」がする物にも注目してください。
2021.04.05
香水

体そして心を開放してくれるアロマエステ

アロマエステでは、「香り」によって私たちを癒してくれます。さらに精油を入れたオイルでマッサージを施すことで、心身の再生を図ることができます。 オイルマッサージの効果は、血管やリンパ管まで伝わります。血行が良くなります。 アロマの「香り」は、嗅覚から大脳へと伝わります。精神が、とても落ち着きます。
2021.04.05
タイトルとURLをコピーしました