経費の削減に繋がる、リサイクルトナーを使う事

経費削減

コストダウン

毎日たくさんの用紙に印刷したりコピーしたりしている際、ちょっとした工夫で経費を節約できる可能性があります。

コピー機やプリンターなどで使われているトナーについては、正規品とリサイクル品では、結構な価格の差があります。
そしてリサイクルトナーの価格は、正規品と比べて安いと言えます。なのでリサイクルトナーを使うと、その分だけ経費を削減できます。

トナーと同じように、例えばプリンターのインクにリサイクルインクを使う場合も、正規品のインクを使うよりも経費を安くできます。

あと、大量の枚数をコピー機でコピーする場合、パソコンからプリンターで印刷するほうが、経費を節減できる場合があります。1枚当たりの「プリンター印刷のコスト」と「コピー機によるコピーのコスト」、どちらが安いか知っておくと良いでしょう。

また、トナーと同様にコピー用紙についても、リサイクル品を使ったり紙の裏側を使ったりしてみましょう。

なお1日間だけ「このような工夫」をしても、あまり節約できないかもしれません。ですが1年間以上、例えば数年間にわたって行なえば、かなりの節約効果を得られると思います。

向上している「印字の品質」

近年のリサイクルトナーは、以前と比べて品質が良くなっています。以前の物は、印字濃度が一定にならなかったりするなど、使用する際、ちょっと不安がありました。ですが今では企業においても、経費の削減に役立つリサイクルトナーを再評価する所が出てきました。

ちなみにリサイクルトナーについては、クリーニングを行なった後、点検・テストされて再生トナーカートリッジとなります。ドラムやマグローラー、ローラー、ワイパーブレードやトナーという部品が交換されています。

数回リサイクルした後でリサイクル不可能になったら、各部品は分別されて、「鉄くず」や「製紙原料」「燃料の原料」などに再利用されるということです。

タイトルとURLをコピーしました