ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ぬるま湯も作れる、ウォーターサーバーのメリット

熱湯から冷水まで使える事

お茶

「程よい熱さ」のお茶

ウォーターサーバーのメリットとして、90度の熱湯5度の冷水を同時に使用できる事があります。
つまり熱湯と冷水を混ぜる事で、これらの温度の範囲で調整できるという事です。

ぬるま湯を作れるメリット

水の温度を調整できる事は、ぬるま湯も作れるという事になります。例えば「ぬるめのお茶」が欲しいと思ったら、すぐに作れます。

ぬるま湯の活用例として特に「おすすめ」なのが、お子さんのミルクです。
ミルクを作る時は、人肌くらいの温度の「ぬるま湯」ということが基本です。ウォーターサーバーなら、簡単にそのような「ぬるま湯」を作れます。温水と冷水を混ぜる事で、手軽に「ぬるま湯」を作れるからです。

ウォーターサーバーは、ポットと比較して電気代が安くて、ある程度の量を溜めておけます。必要な時に、すぐにミルクを作れます。

ミネラルウォーターが宅配される事

ウォーターサーバーは、妊婦さんにとっても便利という意見を聞くことがあります。
綺麗な水を飲みたいということで、市販のミネラルウォーターを買う場合、身重の状態で重い水を抱えて買い物から帰ってくるのはツラいです。そして、空きペットボトルをゴミとして出すことも面倒です。

ウォーターサーバーのレンタル契約では、ミネラルウォーターを配達してくれます。なので、自分で市販のミネラルウォーターを買って家まで運ぶという負担を、減らせる事になります。
そしてレンタルしたペットボトルについては、空になったら回収してくれます。なので、ゴミとして後始末する必要もないです。

ミネラルウォーターの宅配は、お年寄りにとっても助かることです。
お年寄りがミネラルウォーターのペットボトルを購入して、家まで持ち運ぶことは、大変なことと言えます。このような持ち運ぶ負担を、ウォーターサーバーを使えばなくせます。

ワンウェイタイプのウォーターサーバー

あと、高齢者の方は、楽に水の交換ができるウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。重い水のボトルを持ち上げて、水の交換をするのは大変だからです。

ウォーターサーバーの種類の中でもワンウェイタイプの物なら、他の種類の物よりも比較的ラクに水の交換ができると思います。高齢者の方が取り扱いやすいウォーターサーバーの種類について、業者と相談すると良いでしょう。

優良な水を使える事

例えば「お味噌汁」を作る時など、ウォーターサーバーの水を使うと美味しくなります。綺麗な水であるミネラルウォーターで作る味噌汁は、美味しいと評判です。
お味噌汁と同様にカレーなどの汁物料理を作る際も、ウォーターサーバーの水を使うと美味しい物が作れる、と言われています。
ウォーターサーバーがあれば普段の料理において、優良な水を手軽に使えます

優良な水を使っていただきたい方の中に、高齢者の方がいます。高齢者の方は、何かと体に気をつけることが多いと思います。毎日飲んでいる水も、体に優しい種類の物が良いでしょう。
その点ウォーターサーバーなら、ミネラルが豊富な天然水を取り扱っている業者があると思います。高齢者の方は、そのような体に優しくて安全な水を飲むと健康維持に役立つ、と思います。

不満な点もある、ウォーターサーバーのデメリット

不満な表情多くの利用者達から便利と言われているウォーターサーバーですが、欠点が全くない訳ではありません。人によっては、デメリットと感じる点もあります。なので利用する前に、デメリットについても知っておくことが大事です。

置き場所

よく言われているデメリットの一つは、置き場所を取るという点です。ウォーターサーバーを設置する場所と宅配されてきた水の置き場所が、必要となります。
例えば狭いワンルームマンションに住んでいる場合、そのような場所を確保するのは難しいかもしれません。

注文ノルマ

いつでも美味しい水を飲めるから、重たい水を宅配してくれるからなどの理由で、ウォーターサーバーの契約を検討している方がいるでしょう。ですがあえて契約する前に、気をつけてほしい点があります。それは、水の注文個数にノルマがあるかどうかという点です。

近年ではサービスの向上という事より、1ヶ月当たりの「水の注文個数」において、

ノルマを設けないという業者が増えていると聞きました。

ですが現在でも、

ノルマが存在している業者があると思います。

あるウォーターサーバー業者のノルマの目安を聞いたところ、1ヶ月当たり24リットルの水がノルマでした。水の使用量は個人によって差がありますが、家族4人で暮らしている家庭なら消費できる量だと思います。ですが「一人暮らし」では、さすがにこれだけの天然水を消費する事は、なさそうな気がします。

天然水をそんなに使わないという方は、ノルマなしの業者のウォーターサーバーを選ぶほうが良いと思います。契約する前に、ノルマの有無について手堅く確認しておきましょう。

多すぎる水の量

せっかくウォーターサーバーの利用を始めたのに、ご自身のライフスタイルに合わず、解約するという方も結構いると聞きました。例えば、思ったほど水を使わない生活スタイルだったので、宅配された水を使いきれず、どんどん水が溜まってゆくという人もいたそうです。

もちろんウォーターサーバーの利用を始める前に、事前に自分にとって役立つ物であるか、しっかりと検討しておけば、そのような「思い違いを防げる」と思います。ショッピングセンターなどでウォーターサーバーの展示がされていることもあるそうなので、そこで実機を使ってみたり、スタッフに疑問点を質問してみたりすると良いでしょう。

解約手数料

ウォーターサーバーの解約時に、結構トラブルが起きていると聞きました。どんなトラブルかと言うと、解約手数料を支払う必要があった場合です。業者によっては、使い続ける最低の期間があるそうです。

例えば1年間は、レンタルのウォーターサーバーを使い続けなければならないという規約があったりします。そのような規約がある場合、1年未満でレンタル契約を解除すると、解約手数料が発生するいうことです。

解約手数料があるなんて知らなかった、と「がっかり」しないために、契約する前に解約時の条件をしっかりと理解しておくようにしましょう。

デメリットとメリットを比べましょう

以上、ウォーターサーバーのデメリットについて言いましたが、多くの人にとっては、そのデメリットを上回るメリットがある物と言えます。
良さそうと思っているなら、ウォーターサーバーをぜひ利用しましょう。