「アンティークな部屋作り」について、思うこと

部屋全体を「アンティークな感じ」にしたいという人は、家具やカーテン、照明器具などをアンティークな物に置き換えてみましょう。以下アンティークな部屋に関して、「思うこと」や「気づいたこと」を書いてみたいと思います。

テーブル

アンティークテーブルのデザインには、色んなデザインがあります。数あるデザインの中には、見るからにアンティークという雰囲気を出しているものがあります。例えば、曲線を描いている脚の形です。
テーブルの脚については、まっすぐな形よりも美しい曲線のほうが上品に見えます。「アンティークっぽさ」が感じられるデザインだと思いました。
また、脚の形がまっすぐの場合でも脚部分に豪華な装飾があったら、アンティーク風に見えます。アンティークテーブルを選ぶ際は、ぜひテーブルの脚に注目してください。

ちなみに、一般的にテーブルは椅子とセットであると言えます。だけど、椅子が無い物もあります。例えば、花瓶などを載せるための飾りテーブルや、寝室のベッドの横に置くサイドテーブルなどです。基本的に、お気に入りのアンティークテーブルが見つかったら、椅子が無くても手に入れておきましょう。

椅子

ちょっと昔の事になりますが、ロッキングチェアという揺れる椅子が流行した事がありました。ロッキングチェアに座った「ご婦人」が、前後に椅子を揺らしながら編み物を編んでいる姿を見た事のある人も多い、と思います。
椅子に対する印象として、机の付属品という印象を「お持ちの方」も多いでしょう。ですが、椅子単体でも存在感を示している物もあります。先ほどのロッキングチェアなどです。

そしてアンティークな椅子も、とても存在感のある椅子と言えます。お部屋の中にアンティークの椅子を置くだけで、部屋の雰囲気がガラリと変わってしまうからです。
遥か昔、異国で誰かが使っていた椅子には、なんとも言えない独特な雰囲気があります。アンティークな椅子には、現代の椅子には無い、不思議な魅力があると言えるでしょう。

照明器具

「アンティークな感じ」がする部屋作りを目指す場合、照明器具も「その雰囲気にあった物」が必要でしょう。
アンティークな照明器具の特長と言うと、やはり外観が素晴らしい点です。見た目が良い照明器具が多い、と聞きます。ステンドグラスを使用した物、キャンドル型のシャンデリア、レース仕立てのシェードが付いているスタンドランプなど、どれも魅力的な物と言えます。

外観が魅力的な物ほど、外観が良いという点だけで選んでしまいがちになります。ですが照明器具では、部屋を照らすのに充分に明るいかどうかで、選ぶ事も大事です。
照明器具の役割は、やはり部屋の中を明るくする事です。見た目と実用性のバランスが取れている物を選ぶようにしましょう。

額縁

アンティークな雰囲気の部屋に絵画や写真を飾ろうと思ったら、額縁もアンティークな物にしたいと思うでしょう。アンティークな額縁は多数あり、普通に市場で手に入る物と言えます。

アンティークな額縁の中には、額縁自体が芸術品と言っても良いくらい素晴らしい物があります。なので絵画や写真を使わず、額縁だけを部屋に飾るという利用法もあるそうです。
額縁だけを飾る事に違和感を覚える方がいる、と思います。ですがアンティークな額縁なら、それだけでインテリアになります。無理して雰囲気に合わない絵や写真を飾るくらいなら、額縁だけのほうがアンティークな雰囲気を演出できる、という事です。
額縁を、そのまま部屋に飾っておくという方法をぜひ知っておきましょう。

ドアノブ

部屋の中において、ぜひアンティークな物を使っていただきたい部分があります。それは、ドアノブです。
部屋全体をアンティークな感じにしたいのに、ドアについているドアノブが今の時代の物だったら、ちょっとがっかり感が出てしまうと思います。その部分だけ、「現代的な感じ」がしてしまうからです。
お気に入りのアンティークなドアノブを、ぜひ見つけましょう。そうすれば、部屋全体が「いい雰囲気になる」と思います。

雑貨

アンティーク家具と共に人気のある物と言えば、アンティーク雑貨があります。雑貨は現代の物も人気がありますが、古い雑貨も同じくらいに人気があります。

アンティーク雑貨には、日本の物やアメリカの物、ヨーロッパの物など様々な国の物があります。どの国の物も素敵だと思いますが、個人的にはヨーロッパのアンティーク雑貨が一番人気だと思います。
有名人や芸能人の部屋で、アンティークなヨーロッパ調に統一されている部屋をテレビ番組で見た事がありました。西欧風の雑貨や家具は、愛好家が多いという印象を持っています。

もしも普段から雑貨屋さんに出かけることがあるなら、一度アンティークな雑貨を探してみましょう。良い物が見つかるかもしれません。

ドール

とても魅力ある物だけど怖いから嫌だとも言われているアンティークがあります。それは、アンティークドールです。
「古い人形の髪の毛が伸びた……」という噂話を、一度くらい聞いた事があると思います。そんな怖い話がドールにはあるので、嫌だという人がいます。これは仕方のない事だと思います。

ですが、その「リアルな表情」「愛くるしさ」に魅了された人たちもたくさんいます。長き時代に渡って愛されてきたドールたちが、多数あります。
「神秘的な美しさ」を持っているアンティークドールは、これからも愛されてゆく存在と言えるでしょう。
ちなみにドールにおいては、女性のほうがファンが多いと聞きます。女性のほうが、美しさに対する意識が高いためかもしれません。

食器

時々「見せる収納」という言葉を聞きますが、食器を棚に並べて見せたい場合、アンティークな食器が良いかもしれません。
古い食器に対して、古ぼけた冴えないイメージを持っている方がいるかもしれません。しかし、金や銀という光る塗料を使用している食器も多数ある、という事です。中には、どこかの王侯貴族が使用していたに違いない、と思わせるほどの華やかな食器もあるそうです。

ただし、貴族が使用していた華やかな食器は、価格が高額である事が多いです。気軽に買えない価格と言えます。
ですがアンティーク市場を注意深く見ていると、お手頃価格な食器が出て来る事もあるようです。掘り出し物の食器が、不定期に出て来ると思います。なので、諦めずに探してください。

アンティークショップ

元からアンティークが好きな人も、最近興味を持ち始めた方も、今度の休日にはアンティークショップへ出かけてみましょう。地元の大きな街に行くと、きっと素敵なアンティークショップがあると思います。無い場合でも、雑貨屋さんのワンコーナーにアンティークな雑貨があるかもしれません。

やはり実物を見る事は、「アンティークの良さ」を再確認できる事に繋がります。ますますアンティークの事を好きになる「きっかけ」にもなるでしょう。
どこの国の物でも良いです。ますは「いいな」と思ったアンティークから集めてゆきましょう。そうしてゆけば、部屋が雰囲気のある素敵な空間になってゆくでしょう。

ご年配の方

幅広い年齢層において、アンティークが好きという方がいると思います。若い方でアンティークファンの方もいると思いますが、やはり「ご年配の方」が多いと思います。
あと、年を重ねるとともに「好み」が変わってゆくと聞きます。なので「アンティーク製品に対する好み」も変わってゆく、と思います。

アンティークな部屋若い頃あんまり理解できなかった「アンティークの良さ」を、ようやく今になってわかるようになった、という「ご年配の方」もいるでしょう。「人生経験を積むこと」が物を見る目を養っている、と言えるのかもしれません。
その時の「ご自身の感性」にピッタリ合うアンティーク製品を、選んでゆけば良いと思います。これからも末永く、アンティークな世界をお楽しみください。



タイトルとURLをコピーしました