手間を掛けずに部屋を消臭できる、自動噴霧の消臭剤

よくある消臭剤のタイプ

消臭スプレー消臭剤にはスプレータイプを始め、置き型、吊り下げ型など、いくつかのタイプがあります。
スプレータイプの消臭剤は、嫌なニオイの発生源に直接振り掛けて使います。
置き型の物は、トイレや部屋などに置いて使います。
吊り下げ型は、主にトイレで使われています。例えばトイレのタンク用では、そのタンクの穴に差し込んで使います。

嫌なニオイ、いわゆる悪臭は、単にクサいだけといっても、やはり健康に悪い影響を与えるものと言えます。耐えられない悪臭は、精神的にイライラして気分も悪くなるでしょう。自宅を消臭して快適な環境にすることは、広い意味で健康管理に繋がると思います。

なお、多くの消臭剤には芳香成分が含まれています。「有名な香り」には、「バラの香り」や「ラベンダーの香り」があります。その他には、無香タイプもあります。あえて「香り」をつけたくないような場所では、「香り」のない無香タイプの消臭剤を使うと良いです。

自動で消臭するタイプ

一昔前なら、部屋の消臭剤は人の手によって管理されていたと思います。だけど最近では、自動的に消臭剤を噴霧する自動消臭スプレーという物が登場しています。人の手を借りず、自動的に部屋の中に消臭剤を噴霧する物です。

自動的に噴霧する「きっかけ」は、一定の時間間隔だそうです。これなら、部屋の中が常に消臭された状態になると思います。
さらに噴霧する「きっかけ」として、「部屋の明るさ」を考慮する物もあります。部屋が暗い時は、噴霧する時間の間隔を2倍に伸ばすなどです。これなら、人がいない真っ暗な部屋に対して、消臭剤の使用量を節約できます。

自動で噴霧する消臭剤の詰め替え用としては、多数の「香り」が用意されているそうです。嫌なニオイを消すのはもちろんのこと、「心地良い香り」を部屋の中に満たすことができます。手間を掛けずに部屋の中を「素敵な香り」で満たしたい方は、自動の消臭スプレーを使ってみましょう。