音を聞き分けできる幼児期に英語を学ばせる、幼児英語教育

子供に習わせたい習い事・英語

子供に習わせたい習い事に、英語があります。私も子供が産まれたら英語を学ばせたい、と思っていた親の一人です。決して教育ママという訳ではないのですが、子供に英語を習わせたいと思っています。

近年では、グローバル社会が意識されています。そして英語は、世界を渡って行けると言ってもいいほど、他の国でも使われています。
また日本には、多くの外国人が滞在しています。そして日本人が外国へ旅行や留学をする機会も、増えてきたように思えます。なので、外国人と触れ合う機会も多くなっています。
以前に、外国へ行った際に英語を使いましたが、相手が理解してくれたりすると、嬉かった思い出があります。
今から日本は、ますます外国人との交流が増えると言われています。そのために、英語は重要視されています。

昔では中学生の頃から、英語を習い始めていたと思います。
現在では、小学校低学年から英語を習うと言われています。英語の授業を行なっている保育園や幼稚園も、増えてきました。結構人気があると聞きます。

注目されている幼児英語教育

現在の子供達が大人になる頃には、グローバル社会になっていると言われています。
その傾向として、日本に移住している多くの外国人は、英語を話す人が多いです。やはり英語は、世界で最も通用する言語と言えます。

そんな状況の影響もあって、幼児の英語教育が注目されています
なぜ幼児の英語に注目が集まっているかと言うと、4歳以下の子供に学ばせるほうが理解しやすい、と考えられているからです。

その理由には、赤ちゃんが持っている能力に関係しています。

赤ちゃんには、英語や日本語など世界中の言葉を聞き分けて、吸収できる能力がある

と言われています。
赤ちゃんは、脳や口の筋肉(舌など)が未発達のため、語学などの学習に関して柔軟性に優れているそうです。
このように色々な事を柔軟に覚えられる、吸収性が高い幼児期を利用して、英語などの言葉を頭の中にインプットさせようという訳です。
そして先程言ったように、「4歳まで」が言葉を覚えるための期間と考えられています。

また、幼い子供なら、「遊び」の延長で英語を覚えてくれる点も、幼児英語教育が注目されている理由の一つかもしれません。
現在の英語教材にはストーリー性があって、音楽が楽しくてテンポが良くて、映像のデザインも良いなど、子供達を引きつけるような幼児英語教材があります。
教室などでもダンスを取り入れたりと、楽しく英語を学べる教室も多いです。

早期英語教育

早期英語教育とは、0歳から12歳の子供を対象に英語を教える教育のことを言います。
早期英語教育のメリットは、強制的に英語の勉強をやらせるのではなくて、「純粋な気持ち」で楽しめることです。

例えば、中学生になってから英語の授業を受けた「お母さん」たちのイメージでは、学生時代の英語の勉強は、苦労して難しい単語や文法を詰め込んだ、という嫌な思い出が多いでしょう。しかも、あんなに苦労したのに、実際には「ほとんど英会話ができない」という状況です。
「何のために英語を勉強しているのか?」「何が面白くて勉強しなくてはいけないのか?」
このように考えていては、英語を素直に学べないでしょう。

しかし、子供の場合は違います。
赤ちゃんが言葉を覚える際、まず「お母さんの言葉」を聞いて、それを真似することで、自分のものとして身につけていきます。
そして相手に意思を伝えるため、相手を理解するために、言葉を発するようになります。

子供は楽しいと感じることは、積極的に進んで覚えようとします。これは、日本語も英語も同じです。
「先生」や「お友達」と英語で歌ったり、それに合わせてダンスしたり、英語を使ってゲームをしたりして、楽しみながら経験することで、知らず知らずのうちに英語を身につけていきます。

子供は、英語が楽しいと思えば、英語に興味を持ちます。そして英語のことを、もっと知ろうとします。
そんな子供たちは、英会話の上達が「とても早い」です。子供さんが興味を示したら、まずは「お母さん」と一緒に英語を楽しむことから、始めてみましょう。

音を聞き分ける能力

お母さんの中には、子供には英語を話せるようになってほしいと願っている方がいる、と思います。ですが、英語を習わせるのはいつからがいいのか、どうやって習わせたらいいのか、わからないことが多いでしょう。

「2歳や3歳の子は、まだ日本語もあまり話せないから、英語なんて早すぎる」
そう考えている「お母さん」もいる、と思います。

でも子供にとって英語とは、実は音楽と一緒です。
小さい子供には、音を聞き分けるという能力があります。そして、その能力を鍛えることで、英語が聴き取れる耳を育てることができます。
なので、耳から英語を聞かせるのは出来るだけ早い時期が良くて、1歳ぐらいから始めても大丈夫です。

また、しっかりと日本語が話せなくても、全然心配いりません。子供には、日本語と英語を聴き分ける能力があるからです。
また、日本人とネイティブの英語の発音も、ちゃんと区別して聴き分けることができます。

しかし、このようにして自然と英語を吸収できる能力は、10歳ぐらいまでしかありません。
よって10歳くらいまでに、英語を聞ける耳を育てることが大切です。

幼い頃に、耳から吸収した英語のリズムや音は、成長してからもずっと残っています。
その後、実際に英語を使う時が来たら、大きな成果が表れます。英語でスピーチができるようになったり、プレゼンテーションを行なったり、ハイレベルなコミュニケーション能力を手に入れるのに役立ちます。

楽しく学ばせたい英語

英語ところで、しっかりと子供に英語を身につけさせるためには、子供の集中力を持続させるようなレッスンを行なうことが大切です。そのようなレッスンを行なえる、幼児向けの英会話教室や教材を選びましょう。

例えば幼い子供には、楽しく体を動かしながら、英語の音やリズムを身につけるようなレッスンが良いです。英語教材では多くの教材があるので、子供に合った教材を選びましょう。

親である私自身、学生時代において難しかったけれど楽しかった教科が英語でした。
でも実際のところ、「学校で英語を覚えろ」と言われても、自然に頭に入らないことが多かった気がします。
また、英語はテスト(受験)があるから、勉強をやらなければならない、と思い込んでいたところがありました。

子供には「嫌々な気持ち」ではなくて、自然に楽しく英語を学ばせたいと思います。そして子供が英語を覚えていく姿を、見守りたいと思います。

英語
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム