自由に憧れていた時代だった、1950年代のファッション

自由に憧れていた1950年代、そのファッションはどんな感じ?

1950年代のファッションは、以下のようなものが流行りました。

  • アメリカン・スタイル(ニュー・ルック)
  • 太陽族

1950年代を知ることで、もっと自由にファッションを楽しめるかも!

1950年代のファッション

1950年代は、新しい価値観や自由に対して、「憧れ」を持っていた時代だったそうです。

そんな時代のファッションについて、ご紹介したいと思います。

アメリカン・スタイル

消費文化が一挙に花開いた1950年代、戦争の傷痕が癒え始めた頃です。

この1950年代では、アメリカン・スタイルがブームになりました。

1947年、クリスチャン・ディオール氏が、パリでニュー・ルックを発表しました。
ニュー・ルックとは、布をふんだんに使ったスカートのデザインのことです。

以下のような女性らしいスタイルが特徴です。

  • 「丸み」を帯びた肩と胸
  • 細く絞ったウエスト

このニュー・ルックが、1950年代に「ファッションの流れ」を広めました。
そして華やかな服が、その後も次々と創り出されて行く「きっかけ」となりました。

1950年代の始めは、日本でも布地を多用した裾の広がったスカート姿の女性が、街を彩りました。

当時アメリカ経由のスタイルだったため、日本ではアメリカン・スタイルと言われていました。

しかしその原型は、世界的に流行したニュー・ルックでした。

自由の女神

太陽族

一方、1950年代のメンズファッションは、太陽族になります。

1956年に芥川賞を受賞した「石原慎太郎」氏の小説「太陽の季節」は、戦後の不道徳と言われていた若者の姿が描かれています。

同名の映画と同時に、そこに登場する人物たちのファッション・スタイルを、多くの若者たちが真似しました。

そして彼らのことを、太陽族と呼ぶようになります。

太陽族の特徴は、石原慎太郎の名前を冠した「慎太郎刈り」というヘアスタイルでした。

このヘアスタイルは、「スポーツ刈り」の前髪を、額に垂らしておくスタイルです。

服装は、以下のような感じになります。

  • 細身のマンボズボン
  • アロハシャツ
  • ツートンカラーの靴
  • サングラス

その後、ロカビリー・ファッションでも共通して流行ったアイテム「マンボズボン」は、社会現象になりました。

サングラスしている太陽

自由や新時代への「憧れ」を反映したファッション

アメリカン・スタイルそして太陽族は、今までの古い価値観を捨てて、自由を象徴する若者の間で流行ったファッションです。

つまり1950年代は

  • 新しい時代への期待
  • 豊かさへの憧れ

これらがファッションに深く反映された時代だった、と言えます。

また1950年代では、映画が娯楽の中心でした。ヒット映画に登場したファッションが、流行する時代でした。

映画がファッション・リーダーの存在である中で、1953年の邦画「君の名は」からは、「真知子巻き」が生まれました。

1954年のローマの休日からは、ヘップバーン・カットと呼ばれたヘアスタイルが流行となりました。

繰り返されるファッション

現代のオシャレや流行は、たびたび繰り返されています。昔に流行ったものが、違った形で登場しています。

なので、日本の1950年代に流行った服装がスタイルを変えて、再び現代に登場してくるかもしれません。

それは、どんなファッションになるでしょうか?
ちょっと楽しみでもあります。

【まとめ記事】熱い思いがあふれている、ファッション流行の歴史

各年代に流行したファッションには、当時の人たちの熱い思いが込められています。 自由や新時代への「憧れ」。 徐々に増えてゆく「華やかさ」。